<   2017年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

マンネリ防止

前回報告した通りの食生活で一か月超過し、さらに先生からの新たなアドバイスを受けて、新たなメニューを検討する。
一番大きな変更は昼食である。
先生にたこ焼き(小麦)と蕎麦は同じ主食がダブっているので、どちらか一方にとアドバイスされました。
ここで困るのは、偏食が多く、しかも、バリエーションで誤魔化していたという事実である。
たこ焼き6個というのは、正直、それだけじゃ絶対に足りない。
そして、蕎麦を一人前ってのも実はそれだけじゃ足りない。
なので、二つを合わせていたのである。

しかし、先生に痛いところを突かれ、実際にそれは言われる前に気づいていたことだったので、私は考えた。
食費は実はダイエット前と現在とで、実のところ現在の方が高くついている。
私は最近見直しを考えたのはそこにも理由がある。
充足感を満たしつつ、先生に認めていただける食生活をどうしたらとれるのか。

しかし、以前、先生にアドバイスいただいていた食卓便とかの類を夕飯に取り入れたところで、おそらく私には満足感は得られないだろうと考えているし、何より、偏食で食べられるものが限られるという問題があるから、却って高くつくと思っているのだ。

実は前回先生の栄養相談を受けた際に、この食卓便を開始していないことについて、一切触れられていなかったので、私はしめた!とさえ思っていた。

たしかに毎日、サラダボウル一杯の用意をしたりするのは手間と言えば手間ではあるが、それなりに要領を得た。

前々回の先生からのアドバイスでは、私の場合、野菜の絶対量が足りないと言われ、それは毎日のサラダでたぶんずっとマシにはなったはずである。

今回の見直しは、大きく二つ。

一つは昼食は蕎麦かたこ焼きの一方だけにして、それでお腹が満たされないことへの対策をすること。

二つ目は野菜の摂取方法にもう一つバリエーションを加えることである。

あとプラスアルファ―として食費を少し下げること。

先ず食費を下げるプランとして毎夕食に食べているサラダボウルの中でベビーリーフを一袋としていたが、それを一つかみとしてしまう。
それは冷蔵庫の容量を考えると袋買いは無駄なのである。
袋ってのは場所を取る。
だったら、販売先によってベビーリーフはプラスティックの容器に3人前以上入って売っているので、それを利用した方が安上がりだし、場所も取らないのである。
そうするともやしの寿命を考えて、週に2回の買い物で済む。

そしてもう一つのマンネリ打破作戦は野菜スープを飲み始めるという方法です。
以前、栄養相談の先生に「野菜を摂るように」とアドバイスしていただいた際に、いただいたシートがありました。
「野菜料理のいろいろ」というものです。
◎サラダの種類別 合う野菜と合うドレッシング
◎スープの種類別 合う野菜
◎煮物に合う野菜
◎酢の物に合う野菜
◎和え物

この中でサラダは既に実行しているので、次にと考えたのがスープだったのです。
スープをスーパーで眺めてみました。
ほうれん草のスープを手に取ってみました。
中華系のスープです。
次に検討しようと思ったのが、ミネストローネスープでした。
玉ねぎ、人参、トマト、ベーコン、ソーセージなどを入れてトマトベース系のスープで煮るものです。
スープストックみたいなものが売っていたので、それに玉ねぎを刻んだり、ミックスベジタブルを入れたりして煮込もうと思いました。

一回目は在庫であったベーコンも入れてみました。
途中からチーズも入れてみたところ、中々イケると思いました。
しかし、もう少し美味しくしたいと思い、思考しました。

2回目にはアレンジしました。
先ず、バターを一つ入れてみました。
そしてウインナーも入れてみました。
トマトを4等分に切ってそのうちの2個を入れてみました。
以前ピザとかハンバーグの際に利用していたチーズの在庫も投入しました。
1回目よりも具が豊富ですし、煮込んでいます。
流石にこれは美味かったです。

このスープを毎食1杯飲んでみることにしました。
主食を以前よりもセーブして尚且つ野菜の摂取量を増やすことでどんな結果が出ることでしょう。
楽しみが増えました。


[PR]

by sumomojam39 | 2017-07-21 00:34 | 病関連

食生活の見直し

あっという間に一か月が過ぎていった。
実は昨日通院日でした。
私は前回記載の失敗を踏まえ、大幅に考えを改めてみました。
そしてどうやら自分の中で観念し終え、今の食生活で満足感を得られるようになった気がしています。

そんな気になれたのは栄養相談の先生のお蔭でしかない気がします。
そして自分がしてきたことに対して、カラダが答えを見せ始めてくれたことです。
信じられないことですが、食生活を見直しても、食費は前とさほど変わっていません。

先ず、朝食を長年食べてこなかった私が朝食後の飲薬を理由に取るようになったことは以前書いた通り。
朝食は、トマトジュース、豆乳(45%カロリーオフのもの)をそれぞれ180CC 、チーズは2個、トマト一個、それで足りないと思ったときは、ほうれん草とベーコンのスープ(26kcal)を飲み、それでも足りないと思ったときは、ランチまでのインターバルを短くするようにしました。

ランチですが、これまでたこ焼き6個、ざるそばかぶっかけ讃岐うどんと考えてましたが、まずたこ焼きの方は主食的なものであり、ざるそばなどとダブルとのことで、徐々に自粛していく方向になります。
そして、ざるそばの場合、刻みネギ、唐辛子そしてめんつゆなのですが、それに比べてぶっかけ讃岐うどんは、揚げ玉、卵黄、めんつゆで、これについてはタンパク質を含む後者の方が好ましいと。また、とうがらしはめんつゆの塩分を加減するのには良い方法だとアドバイスされました。これで足りないと思ったら、トマト、スープ、珈琲を飲むことにしてます。
私の場合、珈琲は便秘の予防になってます。お通じが安定します。
もちろんブラックが基本です。

夕飯は麦ごはんをどうアレンジするかです。
サラダはもやしを一袋、ランチで麺をゆでたお湯に投下し軽く茹で、水きりをし、そのボウルに玉ねぎ半分をスライサーでカットし、水で軽く濯ぎ、水を切って大きめのサラダボウルに入れ、ラップして冷蔵庫に入れておきます。
それを夕飯時に真っ先に出し、ドリップした水をさらに切ったうえで、ライトツナ半缶を乗せ、その上にベビーリーフをひとつかみ乗せ、深煎り胡麻ドレッシングを掛けて食べます。
これまで枝豆やニンニクチップを少量かけて食べていたこともあります。
ドレッシングはフレンチとかも試しましたが、深煎り胡麻ドレッシングが一番のお気に入りです。
ツナはマグロのもの、カツオのものなどを交互に。

麦ごはんは、豆ごはんにしたり、鶏釜飯のもとを使ったりしましたが、豆ごはん、それも私の場合は枝豆を乗せる方が好みでした。
グリーンピースは味わいがハッキリしません。塩昆布を一緒に入れて炊いたり、塩(塩分調整タイプ)や日本酒を少々入れて炊きました。
ああ、それと炊飯器、ミニタイプは結構便利です。
これもランチ後に仕掛けといて、4時以降にスイッチ入れて、6時過ぎにはもうコンセント抜いておきます。
白米とのバランスですが、押し麦8~9割、白米1~1.5割程度としてます。

おかずはサンマの缶詰、かつ丼のもと、これらはTBSのラジオショッピングで以前買っていたものです。
かつ丼は私には甘すぎるので、めんつゆをひとかけしてます。
他には蒸し鶏、餃子、サバの甘酢煮、大和芋のとろろ、から揚げ(むね肉のみ)はニンニク醤油味を使って揚げてストックし、ランチの空腹我慢できない時につまみます。
あとは、カロリーが130kcal未満のレトルトカレーを選び、月に2回くらいまでと自分の中で決めておきます。

あと間食はたまに菓子パン2個程度、レモンシャーベット、トウモロコシ1本、たまに欲求に任せてチョコモナカジャンボを買いました。でも、これまでたった一回だけね。

弟が月に一回帰ってくるときは、ご飯を食べる唯一の機会にしてます。飲酒は一切しません。
彼には多くは話してませんが、考えたものを買ってきてくれて有難いです。
一度はピザーラのイタリアンバジルでした。あれは好きです。
自分が自重することで一緒に食事をする人に気まずい思いはさせたくないから、基本あてがわれたものはこの時は食べます。

翌日以降に自分でセーブすれば良いことです。

こうした努力で体重は1kgしか減りませんでしたが、体脂肪は4kgほど減らし、代わりに筋肉にしました。
このことで、先生には痩せやすい体に変わりつつあると言っていただきました。
たかが1kgと思っていた私は栄養相談の先生に良くここまで節制したと言っていただけ、これほどやりがいを感じたことはないです。

同時に、こころなしか湯島の坂道の足取りも楽になった気がしてます。
息切れしづらい、階段の上り下りも依然と比べ苦になってない気がします。
そうなると不思議なもので外出に対しての抵抗感が減ってました。
逆に次に会う時までに今度は筋量をつけて披露したいとさえ思ってきました。

[PR]

by sumomojam39 | 2017-07-15 13:04 | 病関連