<   2015年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

丸2年目に決断

スカパーを見続け丸2年が経過しました。
その間、2時間ドラマや時代劇作品などをかなり録りました。
契約してから1年経過しますと、16日間の全チャンネル無料視聴サービスがありました。
そして2年経過したタイミングで、1か月の選択したチャンネルの無料視聴サービスが受けられました。

初年度の2013年7月に「基本パック」という45チャンネル見放題というパック契約が有りました。
当時、3,980円/月(基本料410円込)を毎月払ってきました。
しかし、観られる時間は限られます。
少ないながらも、無料放送のBSにも定期録画している作品が有るので、そこもそちらを優先していました。
それでも、ある程度観たいものが網羅できたなと思うようになります。

途中から、消費税の増税の影響で値上げが発生しました。
月額料金は、4,093円/月(基本料421円込)に値上げされました。
そして、ある時中身の改定と料金も改訂されました。
47チャンネル、3,672円/月になったのです。

その頃、すでにドラマなどは繰り返されることを知り、プラン見直しを検討しました。
基本パックの中身の改定と同時に、新たに「セレクト5」というプランが登場したのです。
セレクト5は1,980円/月と言う金額設定でした。
見たいチャンネルを変更するのには、216円の変更料が一回につきかかります。

2014年7月末で基本パックを辞めて、セレクト5に変更しました。
同時にstarチャンネル(2,160円/月)を申し込みました。
都合、4,093円/月→4,561円/月になりました。

starチャンネルは、とても新鮮でした。
毎月、新旧織り交ぜて美しい画像の作品を楽しむことができたからです。
ただし、洋画中心でした。
それでも録画できる時間は限定されますので、それでも良いのかなと思ってました。

前にも記事にしている通り、毎週1回弟に映画を見せて貰っています。
そこで観た作品が徐々にテレビで放映されるようになりました。
地元春日部のユナイテッドシネマで観る映画は限定されます。
映画好きな弟はあちこちの映画館を周り話題作を観ています。
彼が紹介してくれる映画もテレビ放映される時期になりました。

そんなことでふと番組表をチェックしていたのです。
普段は見られないチャンネルの番組表は観ない私です。
そんな私がたまたま目にしたタイトルがきっかけで「WOWOW」と他のチャンネルとを見比べたのです。
おや、同じような作品を結構目にするぞ。
そんな思いが好奇心に火をつけました。

最近、弟とSNSやメールでする会話は、映画選びの話題です。
この作品は余り好みではないとか、吹替えしかないから辞めとこうとか。
或いは、これはテレビでも十分だとか。
そうなると、余計にテレビでのコンテンツ選びが大切になります。

2年目の1か月の選択したチャンネルの無料視聴サービスを受けた直後だったのですが、スカパーを辞めることにしました。
WOWOWに変更することにしたのです。
理由を順序立てて説明します。

1、新作が早く、しかも、上映館の少ない作品も放映される。

WOWOWは、洋邦問わず、新作放映が早いんです。
しかも、ニッチなジャンルの映画が多い。
つまり、春日部で見られるものの他、上映館が限定されるものも放映されています。

例にあげますと、TOKYO TRIBEや舞妓はレディ、渇き。、蜩ノ記、ぶどうのなみだ、喰女-クイメ-などが、すでに放映されました。
日本映画チャンネルでは未だです。
最近、日本映画チャンネルはウィークデーの日中にドラマを常時放映するようになりました。
このチャンネルにドラマ放映は求めていませんでしたが。

洋画などの場合、starチャンネルほど放映回数は多くは有りません。
それでも、結構網羅されています。
アナと雪の女王、余命90分の男などはstarチャンネルでは未放映ですが、これも放映しています。
もちろん洋邦問わず、古い作品も放映してます。
字幕・吹替え共に有ったりします。回数が少ないだけなんです。

2、人気シリーズのドラマ放映が有る。

マーベラス映画を良く見ている私にはドラマも魅力でした。
エージェント・オブ・シールドもやってます。

3、予約がし易い。

私はDMR-BW690というダブルチューナーの機種を使ってます。
2番組を同時に録れます。
そんな私が日課にしているのは、午前0時過ぎの番組表更新作業です。
0時を回ると新規の番組表を受信します。
以前は、地上波、BS、CS1、CS2を受信し、それに40分以上取られます。
その間、録画していると時間は後押ししますし、地上波の場合、教育テレビは放送終了が有るのでタイトです。
しかも、地上波は全局を1局ずつ受信せねばなりません。
下手をすると、その作業だけで1時間以上要することもありました。
その作業、今は地上波とBSのみになりました。

作業時間の短縮と共に、録画予約の範囲が狭まりましたのでチェックが楽になりました。
WOWOWには3局しか有りませんから、重なる時間帯のチェックが楽になるのです。

4、費用対効果も良い。

値段は、加入金なし、デジタル視聴料は2,484円/円です。
しかも、ネット申し込みのため、初月は1,944円/円でした。
4,561円/円→2,484円/円になりました。

5、無料オンデマンドが充実している。

見逃した過去の作品など、PCで見られるオンデマンドサービスが有ります。
私はスマホを持っておりませんので、PCで見られるというのはポイントが高いのです。

6、ライブ番組が副産物的に嬉しい。

映画中心に観ることを考えてましたが、空き時間に音楽のライブも見られるのは嬉しいものです。
この面でもスカパーよりも充実しています。
私はテニスにも海外ゴルフやボクシングなどにも余り興味を持ちません。
しかし、これもおまけでついていると考えれば、邪魔ではありません。

7、自然番組やノンフィクションが意外に良かった。

凄く美しい自然番組が定期的に放映されています。
ノンフィクションも厳選されている様に感じました。

8、意外にオリジナルサスペンスドラマが面白い。

連続ドラマWという4~5話もののオリジナルドラマは、キャスティングも映画並みで出来も良い。
一見の価値ありです。
地上波のドラマを一切見なくなりましたし、満足できる2時間ドラマも2~3ヶ月に一回程度になりました。
そんな私が面白いと思った作品です。
ドラマ放映は新作・旧作が月に2・3本あるようです。
また、無料オンデマンドで過去作品が見られます。

※総評

1~4は、検討前からの変更理由で、5~8は、観た後に感じたお得感です。
世間で、CSをご覧の方はどんな感想をお持ちなのでしょう。
私の場合、全ては結果論ですが、スカパーのコンテンツは繰り返し放映されます。
2年程度見て来ますと、ある程度一巡したなという感覚をいだきました。
余りに古い作品の場合、画質改善にも限界があるようです。

「映画チャンネル」なのに、過去に他のチャンネルで放映してきたドラマを放映する姿勢も変更した理由です。
有料チャンネルなのですから、ちゃんと、目的やチャンネル名に沿った放映姿勢を示して貰いたかったです。
結局、日本映画チャンネルも時代劇チャンネルもフジテレビの外郭団体なのと思わせる色は不快でしかありません。

[PR]

by sumomojam39 | 2015-08-18 17:19 | テレビネタ