隅田川沿い歩き

3ヶ月に一度の通院時、都内を散歩しながら帰りの駅に向かうのを日課にしています。
今回も湯島天神で菊まつりを観た後、浅草方面に向かって歩きました。
毎回、何処を歩こうか考えるのですが、広小路くらいまではまだルートも決めません。

a0320564_21160907.jpg

20131108_063 posted by (C)sumomojam

広小路の松坂屋の横を通ってくると、JRの御徒町の駅前にはこんなオブジェが飾られてました。
夜はライトアップされるのでしょう。
街路樹もすっかり秋色に染まっています。

a0320564_21160938.jpg

20131108_066 posted by (C)sumomojam

仲御徒町の交差点、多慶屋の横を歩き、春日通りを進むと、新御徒町駅脇の佐竹商店街の入口があります。
最初の就職先が御徒町の会計事務所だったので、このあたりにもクライアントさんが有りました。
当時はまだつくばエキスプレスは影も形もなかったので、このあたりは陸の孤島でした。

a0320564_21161029.jpg

20131108_067 posted by (C)sumomojam

春日通りを真っ直ぐ進むと厩橋に辿り着きます。
今回はこの厩橋の脇で隅田川の遊歩道へ降り、駒形橋、吾妻橋方面へと歩くことにしました。

a0320564_21161063.jpg

20131108_069 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161030.jpg

20131108_072 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161050.jpg

20131108_074 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161009.jpg

20131108_080 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161041.jpg

20131108_082 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161051.jpg

20131108_085 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161056.jpg

20131108_086 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161048.jpg

20131108_090 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161167.jpg

20131108_091 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161129.jpg

20131108_093 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161179.jpg

20131108_099 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161192.jpg

20131108_101 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161147.jpg

20131108_103 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161139.jpg

20131108_109 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161152.jpg

20131108_110 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161173.jpg

20131108_111 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161126.jpg

20131108_113 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161113.jpg

20131108_114 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161141.jpg

20131108_115 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161195.jpg

20131108_116 posted by (C)sumomojam
a0320564_21161177.jpg

20131108_118 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161111.jpg

20131108_124 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161287.jpg

20131108_126 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161273.jpg

20131108_128 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161270.jpg

20131108_129 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161252.jpg

20131108_131 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161292.jpg

20131108_132 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161238.jpg

20131108_133 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161237.jpg

20131108_135 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161201.jpg

20131108_137 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161253.jpg

20131108_139 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161209.jpg

20131108_140 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161281.jpg

20131108_142 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161277.jpg

20131108_143 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161265.jpg

20131108_144 posted by (C)sumomojam

a0320564_21161379.jpg

20131108_145 posted by (C)sumomojam

今回初めて隅田川沿いを厩橋から駒形橋、吾妻橋と歩いてきました。
松本零士さんがデザインされたヒミコ号、ホタルナ号、そして竜馬号、道灌号、その他カワセミ号などを見ながらゆっくりと歩いてきました。
浅草散歩、こんな街歩きも良いものです。
[PR]

by sumomojam39 | 2013-11-24 21:52 | 街歩き

彩龍の川まつり

首都圏外郭放水路見学の折に開催されていたもう一つの行事が彩龍の川まつりでした。
天気は朝から快晴。穏かな日でした。

◎フリーマーケット、タウンバザール
◎江戸川流域物産展 (江戸川・魚野川流域交流の新潟県魚沼市からも出店があります )
◎ミュージックカフェ
◎よさこいソーラン
◎歌謡、ダンスなどのステージイベント
◎防災体験コーナー
◎Eボート乗船体験
◎東日本大震災避難者交流テント
◎コバトン、マナビィ、ふじたこくんなど9体のゆるキャラと写真撮影
◎「クレヨンしんちゃん絵はがきセット」販売

a0320564_21160273.jpg

20131116_001 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160232.jpg

20131116_003 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160293.jpg

20131116_004 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160225.jpg

20131116_005 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160297.jpg

20131116_006 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160334.jpg

20131116_007 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160356.jpg

20131116_008 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160396.jpg

20131116_009 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160369.jpg

20131116_010 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160314.jpg

20131116_011 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160310.jpg

20131116_012 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160377.jpg

20131116_013 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160372.jpg

20131116_014 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160327.jpg

20131116_015 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160379.jpg

20131116_016 posted by (C)sumomojam

20131116_017
20131116_017 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160471.jpg

20131116_018 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160512.jpg

20131116_019 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160528.jpg

20131116_020 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160558.jpg

20131116_021 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160542.jpg

20131116_022 posted by (C)sumomojam

よさこいソーラン、到着した時はすでに終盤だったようです。
大宮同心桜連、茨城YOSAKOI小柳組などがエネルギッシュに踊っていました。

a0320564_21160532.jpg

20131116_131 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160557.jpg

20131116_134 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160571.jpg

20131116_138 posted by (C)sumomojam

防災体験コーナー、消防服を着て消火器ポンプを持つと大変な重さらしく、それを体験できるコーナーです。
重機に乗る体験もできました。

a0320564_21160517.jpg

20131116_140 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160593.jpg

20131116_141 posted by (C)sumomojam

この日はマジックショーも開催されてました。

a0320564_21160655.jpg

20131116_144 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160601.jpg

20131116_145 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160658.jpg

20131116_146 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160611.jpg

20131116_151 posted by (C)sumomojam

クレヨンしんちゃんの絵葉書も販売されていました。

a0320564_21160637.jpg

20131116_152 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160628.jpg

20131116_156 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160602.jpg

20131116_157 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160659.jpg

20131116_158 posted by (C)sumomojam

龍Q館では首都圏外郭放水路の紹介VTRの試写会が有ったようです。
今回2階には上がりませんでしたが、いずれ予約をして見学会に参加したいと思います。

a0320564_21160672.jpg

20131116_160 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160647.jpg

20131116_162 posted by (C)sumomojam

南桜井駅北口から龍Q館まで、片道100円 (南桜井駅始発:午前9時、龍Q館発最終:午後4時30分)で臨時バスが出ていました。長い列ができていましたが、結構頻繁にバスは来ていました。

a0320564_21160692.jpg

20131117_010 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160651.jpg

20131117_011 posted by (C)sumomojam

二日目、この日は前日よりも少し遅く到着でした。
しかも、ポンプ室に先に立寄って、調圧水槽に行く直前にチラッと見たのがこのコスモス連でした。

a0320564_21160618.jpg

20131117_022 posted by (C)sumomojam

白岡市の「なしりん」。今年は「なしべえ」は欠席だったようです。

a0320564_21160603.jpg

20131117_023 posted by (C)sumomojam

このゆるキャラは不明です。m&m'sが帽子を被ったようなキャラに見えますが、真っ黒くろすけみたいです。

a0320564_21160710.jpg

20131117_024 posted by (C)sumomojam

文部科学省の依頼による石ノ森章太郎デザインの生涯学習のマスコットの「マナビィ」です。

a0320564_21160739.jpg

20131117_025 posted by (C)sumomojam

杉戸町の「すぎぴょん」です。

a0320564_21160776.jpg

20131117_026 posted by (C)sumomojam

春日部市の「ふじたこくん」です。

a0320564_21160727.jpg

20131117_027 posted by (C)sumomojam

新潟県米粉PRキャラクター「コメパンマン」だそうです。

a0320564_21160762.jpg

20131117_028 posted by (C)sumomojam

春日部市のB級グルメ、かすかべやきそばのゆるキャラ、「とろ★りん」です。

a0320564_21160763.jpg

20131117_029 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160781.jpg

20131117_030 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160714.jpg

20131117_031 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160799.jpg

20131117_032 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160709.jpg

20131117_033 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160713.jpg

20131117_034 posted by (C)sumomojam

このゆるキャラも不明です。

a0320564_21160725.jpg

20131117_037 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160774.jpg

20131117_038 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160879.jpg

20131117_039 posted by (C)sumomojam

真打登場!埼玉県の県鳥シラコバトのゆるキャラ「コバトン」です。

a0320564_21160865.jpg

20131117_040 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160804.jpg

20131117_041 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160821.jpg

20131117_042 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160825.jpg

20131117_043 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160806.jpg

20131117_044 posted by (C)sumomojam

何故かコバトンの死角にまわる女の子が可愛らしかったです。

a0320564_21160876.jpg

20131117_045 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160886.jpg

20131117_046 posted by (C)sumomojam

そしていよいよ祭りの大とりイベント、コバトン音頭が始まろうとしています。

a0320564_21160851.jpg

20131117_047 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160895.jpg

20131117_049 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160881.jpg

20131117_050 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160807.jpg

20131117_051 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160915.jpg

20131117_052 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160971.jpg

20131117_053 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160927.jpg

20131117_054 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160939.jpg

20131117_055 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160917.jpg

20131117_056 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160985.jpg

20131117_057 posted by (C)sumomojam

こんなに沢山のゆるキャラが登場したイベントにはじめてきました。
コバトン音頭、とても乗りの良い音楽でした。
また別のイベントで見る機会も有ることでしょう。
[PR]

by sumomojam39 | 2013-11-21 20:09 | 街歩き

首都圏外郭放水路特別見学会

週末に地元春日部市で開催されたイベントに二日続けて行ってきました。
イベントは江戸川脇の「庄和排水機場・首都圏外郭放水路・龍Q館」で開催された彩龍の川まつり・首都圏外郭放水路特別見学会・江戸川カッパ市 2013です。
今回はまず首都圏外郭放水路のことから記事にします。

首都圏外郭放水路と言うのが春日部市に有ります。
過去に幾度かテレビでも取り上げられていましたので、おおよそは理解していると思っていました。
地下への階段を116段降りるとそこには調圧水槽が有りました。

a0320564_21160004.jpg

20131116_025 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160093.jpg

20131116_041 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160096.jpg

20131116_044 posted by (C)sumomojam

まるで地下宮殿。ここが調圧水槽です。
地下18mの世界なんです。
テレビで見たことが有る方も多いと思います。

ここに入るのには、普段は一週間前までに予約が必要なのだそうです。
午前10時から午後3時まで、15分おきに説明会が催されていました。
どうしてこの施設が出来たのか、どういう仕組みになっているのかなどが説明されました。

a0320564_21160081.jpg

20131117_013 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160012.jpg

20131117_014 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160006.jpg

20131117_017 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160075.jpg

20131117_020 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160106.jpg

20131117_021 posted by (C)sumomojam

荒川と江戸川に挟まれた土地が低く、雨が降ると洪水になる危険性が高いことから考えられた方法が外郭放水路です。

荒川と江戸川に挟まれた場所に有る大落古利根川・幸松川・倉松川・中川の水を「立坑(たてこう)」と呼ばれる穴に落とし、6.3㎞の地下トンネルをバイパスさせ江戸川に排水する仕組みです。

地下トンネルは地下50mの位置に設けられているそうで、国道16号線の下を通っているとのことでした。
江戸川に排水するのには、立坑から流れた水の水位が上がって、地下18mの位置に有る調圧水槽に貯まったものをポンプを使って14m汲み上げ、それを江戸川に排水するのだそうです。

今回は説明を訊いた後、実際に立坑を見学し、ポンプ室やその下の調圧水槽内に有るインペラと呼ばれる汲み上げるポンプの下に付けられた水車の実物などを見せてもらうことができました。
これは8年ぶりだったとのことでした。

a0320564_21160154.jpg

20131116_118 posted by (C)sumomojam

立坑は全部で5個あるのですが、調圧水槽の脇にも有りました。
バリケードで立ち入り禁止になっています。
その先には50m下に墜ちる穴、地下トンネルに繋がっているのです。

ポンプのインペラのある方に行きます。

a0320564_21160105.jpg

20131116_081 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160156.jpg

20131116_094 posted by (C)sumomojam

これがインペラです。
この他にあと3つあるんです。
4つ稼働すると、25mプールの水(487.5㎤)が1秒間で汲み上げられるパワーが有るそうです。

a0320564_21160123.jpg

20131117_001 posted by (C)sumomojam

ここは調圧水槽の上に有る庄和排水機場の建物の地下です。
4つありますよね。
インペラと同じ数です。
ポンプが4つあるんです。

a0320564_21160192.jpg

20131117_006 posted by (C)sumomojam

ポンプは荏原製作所のもので、その仕組みを簡単に解説してくれました。
説明している方が手に持っているのは、ポンプのガスタービンの燃料です。
ガスタービンは青いクロスの敷かれたテーブルの上に有ります。
観にくいですが、写真の左に半分くらい見えてます。

a0320564_21160143.jpg

20131117_008 posted by (C)sumomojam

ガスタービンは奥のボックスに入っているのだそうです。

a0320564_21160110.jpg

20131117_009 posted by (C)sumomojam

ポンプのミニチュアが展示されていました。
下部に赤いプロペラがついてますね。
これが調圧水槽の中から見えた部分のインペラです。

a0320564_21160182.jpg

20131116_105 posted by (C)sumomojam

再び調圧水槽内です。インペラを見てから、出口のある第1立坑方面に進んでいます。

a0320564_21160164.jpg

20131116_123 posted by (C)sumomojam

説明会を訊いた感想をアンケートとっていました。
もちろん私も書いてきました。
ちなみに、見学可能な今は調圧水槽内は水は有りません。
年に3cmくらい土砂が貯まり、それをブルトーザーで撤去すると説明されました。

a0320564_21160227.jpg

20131116_054 posted by (C)sumomojam

第一立坑のすぐ左脇に地上に戻る階段が有りました。
また116段上って帰ることになります。

a0320564_21160244.jpg

20131116_128 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160280.jpg

20131116_130 posted by (C)sumomojam

出口はこんな感じです。一方通行です。
地下○mと壁に書かれているのを確認しながら「もう一寸だ」と頑張って登ります。
この地域に住んでいる方なら一度は見ておいて、理解しておきたいことだと感じました。
彩龍の川まつりの様子はまたの機会に。
[PR]

by sumomojam39 | 2013-11-19 19:49 | 街歩き

久しぶりに木登りにゃん

二の酉、そして七五三の週末の金曜日、今年は雨になってしまいました。
気温の寒さは少し弱まりましたが、陽射しがないと日中は肌寒いものです。

今回はタイトルに有る様にネコの木登り写真です。
ネコが木に登るところから降りるところまでの一部始終を年に数回目撃することができます。
今回の写真は単焦点レンズでの撮影とマクロレンズでの撮影になります。
マクロレンズでの木登り撮影は今回が初でした。
ちなみに使用レンズはタムキューです。

a0320564_21155842.jpg

20131021_019 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155879.jpg

20131021_020 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155850.jpg

20131021_021 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155926.jpg

20131021_022 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155903.jpg

20131021_023 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155991.jpg

20131021_024 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155958.jpg

20131021_027 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155947.jpg

20131021_028 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155990.jpg

20131021_029 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155908.jpg

20131021_030 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155914.jpg

20131021_031 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155912.jpg

20131021_032 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155921.jpg

20131021_033 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155955.jpg

20131021_035 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155953.jpg

20131021_037 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160017.jpg

20131021_039 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160052.jpg

20131021_048 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160094.jpg

20131021_049 posted by (C)sumomojam

a0320564_21160070.jpg

20131021_051 posted by (C)sumomojam

紅葉の木に登っていたキジトラの姫ちゃん、しかも一寸目を瞑っていたりして。
餌をくれるオバサンが来るのを待っていたのです。
[PR]

by sumomojam39 | 2013-11-15 18:34 | ネコ写真

第35回湯島天神菊まつり

三か月おきの都内定期通院、今月も行ってきました。
通院とは言っても、処方箋を受け取って薬を買って来るだけのこと。
その薬もストックがかなり有り、二回くらい貰わなくっても十分に足りている。
しかし、今月はうっかりして受診し損なってしまった。
保険証の更新で新しいのが送られてきていたのに、うっかり差し替え忘れていたのです。
病院でいつものように床屋を済ませ、診察カードを機械に入れて、受診する科のあるフロアに行く。
そのフロアで受付手続きを済ませようと、保険証を出す。
看護婦:「期限切れですね。予約を取り直すか、10割負担で…」
私:「(本日の通院)辞めます。」
こんなやりとりで通院取消後、気を取り直して、次の目的地湯島天神に向かいました。

この時期、湯島天神では菊まつりが催されています。
菊まつりは今回で第35回、私は通院のつど立寄ることにしています。
昨年は猿回しも直に見ることができたりと、年々楽しみにしている行事です。

春日通りを「天神入口」の交差点で右に折れすぐの入口から入ります。

a0320564_21155227.jpg

20131108_001 posted by (C)sumomojam

湯島天神の唐門です。
この日は朝から快晴でとても暖かな日でした。
通院が無くなったお蔭でいつもよりも一時間以上も早い午後1時に来られました。

a0320564_21155250.jpg

20131108_002 posted by (C)sumomojam

門を潜ってすぐ左手はもうこんな感じで菊の花が展示されています。
「厚物(あつもの)」と呼ばれる花弁が鱗状に 、幾重にも重なって咲く種類の菊などが展示されています。

a0320564_21155262.jpg

20131108_003 posted by (C)sumomojam

菊とは反対側はこんな景観。
湯島天神内は和の空間になっています。

a0320564_21155287.jpg

20131108_004 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155203.jpg

20131108_010 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155259.jpg

20131108_008 posted by (C)sumomojam

菊まつりでは毎回その年の大河ドラマに因んだ菊人形が展示されています。
今年は「八重の桜」です。

a0320564_21155248.jpg

20131108_011 posted by (C)sumomojam

主人公の「新島八重」です。(ドラマでは綾瀬はるかさんが演じています)

a0320564_21155212.jpg

20131108_012 posted by (C)sumomojam

八重の二番目の亭主、「新島襄」です。(ドラマではオダギリ・ジョーさんが演じています)

a0320564_21155204.jpg

20131108_013 posted by (C)sumomojam

八重の実兄「山本覚馬」です。(ドラマでは西島秀俊さんが演じています)

a0320564_21155245.jpg

20131108_014 posted by (C)sumomojam

これも主人公の「川崎八重」です。

a0320564_21155355.jpg

20131108_015 posted by (C)sumomojam

主人公八重の最初の亭主「川崎尚之助」です。(ドラマでは長谷川博己さんが演じています)

a0320564_21155337.jpg

20131108_009 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155323.jpg

20131108_016 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155382.jpg

20131108_017 posted by (C)sumomojam

偶然、婚礼に遭遇しました。

a0320564_21155345.jpg

20131108_018 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155397.jpg

20131108_019 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155358.jpg

20131108_020 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155314.jpg

20131108_021 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155442.jpg

20131108_022 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155428.jpg

20131108_024 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155488.jpg

20131108_025 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155473.jpg

20131108_026 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155432.jpg

20131108_027 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155416.jpg

20131108_028 posted by (C)sumomojam

笹塚稲荷、戸隠神社の横を過ぎると夫婦坂が有ります。

a0320564_21155452.jpg

20131108_029 posted by (C)sumomojam

春日通りの脇に接した階段が夫婦坂です。

a0320564_21155439.jpg

20131108_030 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155477.jpg

20131108_031 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155484.jpg

20131108_032 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155409.jpg

20131108_033 posted by (C)sumomojam

グルリと回って本殿前に来ました。

a0320564_21155427.jpg

20131108_034 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155516.jpg

20131108_035 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155522.jpg

20131108_036 posted by (C)sumomojam

今年も猿回しを見ることができました。
昨年は「やすしひろし」というコンビでしたが、今年は「Jr.2」というコンビでした。
お猿さんの名前はジュニアというそうです。
いずれの芸人さんも太郎次郎一門です。

a0320564_21155583.jpg

20131108_037 posted by (C)sumomojam

ジュニアが得意としているのは玉乗りと有りました。
ここでも台から台へのジャンプ、逆立ちでの台の昇り降り、玉乗り(4足&2足)、高跳び、棒登り、棒の上での倒立などを披露してくれました。

a0320564_21155520.jpg

20131108_038 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155576.jpg

20131108_039 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155570.jpg

20131108_040 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155575.jpg

20131108_041 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155505.jpg

20131108_043 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155581.jpg

20131108_044 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155541.jpg

20131108_046 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155580.jpg

20131108_047 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155644.jpg

20131108_048 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155686.jpg

20131108_049 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155699.jpg

20131108_050 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155676.jpg

20131108_051 posted by (C)sumomojam

公演が終了し、束の間の休息。
私はむしろこの時のコンビの表情に惹かれました。

a0320564_21155632.jpg

20131108_053 posted by (C)sumomojam

人間同士のコンビではないので無言ですが、大切なパートナーなんですよね。

a0320564_21155715.jpg

20131108_056 posted by (C)sumomojam

この哀愁のある様子が一番気に入りました。

a0320564_21155799.jpg

20131108_054 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155778.jpg

20131108_055 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155742.jpg

20131108_057 posted by (C)sumomojam

男坂前です。

a0320564_21155725.jpg

20131108_058 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155708.jpg

20131108_059 posted by (C)sumomojam

銅鳥居を抜け、このあと春日通りを歩き、厩橋方面へ。
その時の写真はまた別の機会に。
[PR]

by sumomojam39 | 2013-11-10 20:29 | 街歩き

子茶トラの顛末

二か月ごとにめくるカレンダー、最期の一枚になってしまいました。
日中は暖かですが、午後4時半以降、日暮れになると一気に冷え込んできますね。
私は睡眠時無呼吸の治療でシーバップという治療器を付けて寝ています。
明け方の空気の冷たさが部屋の中にも。鼻から入る外気の冷たさで目覚めるようになりました。

お米を研ぐのも冷たさを感じますし、洗面所の鏡も曇りますね。
何より部屋で靴下を履くようになりました。

先日「公園などのネコたち」で捨て猫の新入りを紹介しました。
茶トラの兄弟の事です。
リクルート活動が活発だった兄の茶トラは拾われていきました。
弟の茶トラは、行方をくらましていました。

重複しますが、ここで出逢った時の様子をご紹介します。

a0320564_21154483.jpg

20131022_077 posted by (C)sumomojam

自然番組で良く見る光景ですね。
母親でないネコに声をかけても、威嚇されるだけです。
捨て猫はこういうことの繰り返しで居場所を転々とするのです。

a0320564_21154406.jpg

20131022_078 posted by (C)sumomojam

ここもダメかという様にガン睨みの♀ネコから向きを変え心細い表情をしています。

a0320564_21154454.jpg

20131022_080 posted by (C)sumomojam

行く場所のあてもなく、お腹を空かせ冷たい風の中を歩きます。

a0320564_21154877.jpg

20131022_082 posted by (C)sumomojam

a0320564_21154818.jpg

20131022_083 posted by (C)sumomojam

a0320564_21154424.jpg

20131022_084 posted by (C)sumomojam

落ち葉が風に舞い、それを追う様に見つめてました。

a0320564_21154970.jpg

20131022_085 posted by (C)sumomojam

a0320564_21154978.jpg

20131022_086 posted by (C)sumomojam

a0320564_21154920.jpg

20131022_087 posted by (C)sumomojam

a0320564_21154922.jpg

20131022_088 posted by (C)sumomojam

a0320564_21154913.jpg

20131022_089 posted by (C)sumomojam

a0320564_21154998.jpg

20131022_090 posted by (C)sumomojam

a0320564_21154988.jpg

20131022_092 posted by (C)sumomojam

a0320564_21154487.jpg

20131022_093 posted by (C)sumomojam

何時飼い主さんに棄てられたのかは実際のところは定かではありません。
が、公園を訪れる人の話ではこの前日だった様。
一夜経ってもう風邪をひいてしまったようです。
そりゃ人間でも寒いですから、突然環境が変わった子には地獄です。

a0320564_21154962.jpg

20131022_094 posted by (C)sumomojam

a0320564_21154491.jpg

20131022_095 posted by (C)sumomojam

哀しい一人遊びです。木の葉抑え。

a0320564_21154955.jpg

20131022_098 posted by (C)sumomojam

a0320564_21154482.jpg

20131022_099 posted by (C)sumomojam

a0320564_21154908.jpg

20131022_100 posted by (C)sumomojam

a0320564_21154929.jpg

20131022_101 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155035.jpg

20131022_103 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155033.jpg

20131022_104 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155058.jpg

20131022_105 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155069.jpg

20131022_106 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155065.jpg

20131022_107 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155070.jpg

20131022_108 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155044.jpg

20131022_109 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155088.jpg

20131022_110 posted by (C)sumomojam

a0320564_21154466.jpg

20131022_111 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155012.jpg

20131022_112 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155002.jpg

20131022_113 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155003.jpg

20131022_114 posted by (C)sumomojam

a0320564_21155087.jpg

20131022_115 posted by (C)sumomojam

この子を抱っこして、餌をくれるオバサンたちが来る場所に連れて行きました。
翌日、管理棟のところで兄さんネコと一緒に居たのを一瞬見たのですが、その後行方知らずになってました。

a0320564_21155038.jpg

20131031_115 posted by (C)sumomojam

9日ぶりの再会、写真におさめられたのは10日ぶりです。
相変わらず風邪をひいていました。食欲は旺盛で、一緒に暮らしていたサバトラにも負けない食べっぷりでした。
しかし、風邪薬だけは受け付けません。結局、この日は薬を飲まずに餌をくれるオバサンのピンクの袋の中に入ってしまいました。優しいオバサンは、寒くない様にフードをかけてあげたら詰まった鼻の呼吸が少し楽になったようで、安心して寝てしまいました。

その間に銀杏拾いをして、その皮を洗って向く作業をしていました。
約一時間後、子ネコはようやく目覚めました。

a0320564_21155115.jpg

20131031_121 posted by (C)sumomojam

小さなカラダを前脚で起こして袋から出ようとする様子が可愛らしいです。

a0320564_21155137.jpg

20131031_122 posted by (C)sumomojam

一緒に暮らしているサバトラの兄さんネコが「やっと起きたの?」とでも言う様に子ネコの前にやってきました。

a0320564_21155170.jpg

20131031_123 posted by (C)sumomojam

残念なことにこれが生前のこの茶トラの子の最期の一枚になりました。
翌日、午後3時前にこの公園を訪れたガス会社の車の下敷きになり、子ネコはこの世を去りました。
足の骨が折れ、それを皮膚から露出させ、痛みからか目が飛び出して亡くなっていたそうです。
私も餌をあげに来るオバサンも、子ネコが亡くなった直後にここに到着しました。
亡くなった時の話は子ネコを埋葬したオバサンに聴きました。
私が到着した時はサバトラしか見つけられず、公園の他の場所のネコに会いに行っていました。
スコップを持って自転車に乗る知り合いを見つけ、何となく嫌な予感がしたので、この管理棟に戻ったのです。
[PR]

by sumomojam39 | 2013-11-02 18:37 | ネコ写真