スカパー見始め2か月

「コンテンツ選び」の記事で書いた通り、スカパーを見始めてから約2か月が経過しました。当時、見始めたドラマやアニメは、らんま1/2を除きどれも終わりになりました。

有料の衛星放送を見始めて一番の収穫は、池波正太郎作品でした。
時代劇チャンネルだけと思いきや、実はホームドラマチャンネルやチャンネル銀河というところでも放映しています。

鬼平犯科帳は、BSでも放映していたので、今まで八代目 松本幸四郎版の第2シリーズ、丹波哲郎版、萬屋錦之介、中村吉右衛門さんのものは、第7シリーズの途中まで録画し続けています。

時代劇チャンネルで、萬屋錦之介版の録画の進行が早まり、穴ぼこ式に吉右衛門バージョンの補填も進んでいます。真田太平記はDVD-BOXを持っているのですが、時間が許す限り懐かしく見ることにしています。
中でも特に見ることができて良かったと感じたのは、剣客商売でした。
これまで見ていたものは全て藤田まことさんの主演の作品でした。
剣客商売とは、剣の名人である秋山小兵衛とその一子大治郎を中心とした話なのですが、藤田まことさんの作品では大治郎役に初期は渡部篤郎さんが、そして第4シリーズからは山口馬木也さんが演じられていました。しかし、その中心は常に父小兵衛であり、原作に忠実に描かれていたようです。

今回は加藤剛さん主演の大治郎を主役にすえた作品で、これが実に無理もなく秀逸だったのです。
「剣客商売‘73」という作品だったのですが、毎回、楽しみでした。
藤田まことさんのシリーズは、彼が存命中の第5シリーズまでありますが、加藤剛さんのものは、回数こそ22話と多いものの、大治郎が独身のまま、また旅立つという話で終了してしまいました。

フジテレビ放映の時代劇はその映像が美しく、さらに池波正太郎さんの食通の逸話があちこちに散りばめられていることが多いのですが、加藤剛さんの方は彼の日頃の暮らしぶり、その実直さ、父小兵衛の息子を想う心情などが、その端々に感じられ、大治郎がどう考えどう行動するのかという視点が解りやすいものでした。

実際に藤田まことさんのシリーズのものとダブる内容も有るのですが、主役を小兵衛から大治郎にすることでの無理もなく、むしろ自然でした。
子供とコマ遊びをして戯れていたり、その子の姉たちや佐々木三冬との関係なども正義感と清潔感の溢れる加藤剛さんそのものの良さ、ごく自然で清々しいものでした。今作品では佐々木三冬役に音無美紀子さん。これが実に初心な女性で、船長シリーズとは全く違う新たな魅力を見せてくれていました。

加藤剛さんの主演の時代劇というと、これまで石田三成を演じた「関ヶ原」くらいしか見ていなかったのですが、剣客商売での好演を見て「大岡越前」も見直してしまいました。

ミスター俳優座の加藤剛さんのイメージは理性ある人ばかりでした。その現代劇などでも北大路欣也さんの法廷ものと同様に実はあまり好んでみる方ではなかったのです。

しかし、松本清張作品の「影の車」や「砂の器」などを見ていたので、一度見ると自然に作品に取り込まれるような凄い役者であることは良く解っていたのですが、どれもが単発作品ばかりでした。

a0320564_21151042.jpg
a0320564_21151197.jpg
a0320564_21151219.jpg


さて、2か月経過して見たいと思うものはかなり消化できたと思っていたのですが、今度はついに「スタートレック」、「サラ・コナークロニクルズ」なども始まりました。特にスタートレックは、ピカード艦長のシリーズが好きだったので、今回放映開始の「新スタートレック(TNG)」は喜ばしい限りです。

全176話もあり、週一の放映なので、何処から何処までを見られるかは不透明ですが、スーパー!ドラマTV HDチャンネルの視聴は続けたいと思いました。
[PR]

by sumomojam39 | 2013-08-11 07:50 | テレビネタ

古利根流灯まつりってのが有ります。

8月に入り最初の週末、自転車で訪れることの多い地元春日部市の近隣の街のお祭りに杉戸町の「古利根流灯まつり」というのが有ります。

畳1畳分もある日本一大きな灯篭は、組み立て細工の要領で釘を使わずに全て町の人の手作り。これが、約250基。
さらに、ミニ灯篭も加えて約1kmにわたり光の帯が川面を埋め尽くすさまは、まさに地上に降りた天の川のように幻想的です。
今回は、観光協会主催となって20回目(古利根川流灯祭は、昭和初期頃に始まり、杉戸町と隣の宮代町との境を流れる古利根川を利用して、杉戸町・宮代町の商店会が協力し、「流燈曾」として、それぞれの店が工夫を凝らした灯篭を古利根川に浮かべる、店のPRを兼ねたイベントとしての祭りでした。その後、一時中断しておりましたが、近隣市町のように特色のある、誇れるイベントのない状況を憂慮したした町民より「何か特徴のあるイベントで町おこしを」という気運が盛り上がり、杉戸町の「本町昭和会」(駅前商店会の有志)が中心となって、平成2年に今ある形の「古利根川流灯まつり」として復活されました。)となる記念の「古利根川流灯まつり」となります。 

【開催日】2013年8月3日(土)、4日(日) ※花火は4日(日) ※雨天の場合:中止
【時間】20:30~21:00(※花火の時間のようです)
【会場】古利根川河畔の古川橋⇔清地橋間
【打ち上げ数】約100発
【例年の人出】約30,000人
【有料席】無し
【お問合せ】杉戸町観光協会(杉戸町商工会内) TEL:0480-32-3719


因みに本日の日没時間は、18時44分。明日は18時43分のようです。
花火以外を楽しむのなら、日暮れ後のマジックアワーの撮影も良いものです。

※記事は「Let's Enjoy Tokyo」、「杉戸町観光協会HP」からの引用に少し手を加えています。

例年の人出が3万人って半端ないですね。これ二日間の累積なんでしょうか?!

昨年から知ったこのお祭り、まだ祭り当日に行ったことは有りません。
今回も灯篭の設置が済んだところの夜景を先取りしてきました。

a0320564_21150565.jpg

20130801_001 posted by (C)sumomojam

a0320564_21150691.jpg

20130801_014 posted by (C)sumomojam

a0320564_21150627.jpg

20130801_015 posted by (C)sumomojam

a0320564_21150682.jpg

20130801_019 posted by (C)sumomojam

クロスフィルターを装着すると夜景の表現がアレンジできます。
こればかりだと飽きが来てしまいますが…。

a0320564_21150688.jpg

20130801_024 posted by (C)sumomojam

最初の撮影よりも暗さを強調させてみることにしました。
その方が、灯篭や水面に映る光が綺麗に見えると思います。

a0320564_21150609.jpg

20130801_025 posted by (C)sumomojam

a0320564_21150639.jpg

20130801_027 posted by (C)sumomojam

a0320564_21150666.jpg

20130801_030 posted by (C)sumomojam

必殺仕業人の♪「さざ波」が似合いそうな写真になりました。

a0320564_21150606.jpg

20130801_039 posted by (C)sumomojam

a0320564_21150605.jpg

20130801_043 posted by (C)sumomojam

a0320564_21150696.jpg

20130801_049 posted by (C)sumomojam

a0320564_21150619.jpg

20130801_050 posted by (C)sumomojam

a0320564_21150653.jpg

20130801_052 posted by (C)sumomojam

a0320564_21150748.jpg

20130801_054 posted by (C)sumomojam

a0320564_21150784.jpg

20130801_055 posted by (C)sumomojam

a0320564_21150779.jpg

20130801_057 posted by (C)sumomojam

a0320564_21150759.jpg

20130801_059 posted by (C)sumomojam

a0320564_21150737.jpg

20130801_063 posted by (C)sumomojam

a0320564_21150738.jpg

20130801_064 posted by (C)sumomojam

a0320564_21150856.jpg

20130801_066 posted by (C)sumomojam

a0320564_21150864.jpg

20130801_072 posted by (C)sumomojam

東武動物公園駅東口から正面の道をまっすぐ進むと間もなく大落古利根川に架かる古川橋に出ます。この橋の右側に灯篭がズラッと並んでいます。
川は清地橋方面に向かって行きますと大きく右に曲がっていきます。そのカーブに沿って並ぶ灯篭の灯りが実に綺麗なのです。
そして清地橋の上の信号の色が川面に映り、白色の灯篭の灯りとはまた違った彩りのため、これがまた美しいのです。

今回は川の左側(古川橋→清地橋)からのアングルのみを撮影しましたが、反対側からも美しいと思われます。

ミラーレスカメラに望遠レンズを装着し、併せて一脚も持参しました。
提灯の赤い色合いの揺らめきも闇に輝き、美しかったです。
まつりの本番は今夜と明日の夜。明日の晩には花火も打ち上げられるこの夏のイベント、カメラ持参で訪れてみるのも良いと思います。
なお、この場所、結構道幅が狭く渋滞になりやすいので、車よりも電車や自転車が便利だと思われます。車のヘッドライトは折角の闇を台無しにしてしまいますしね。

a0320564_21150843.jpg

20130803_031 posted by (C)sumomojam

a0320564_21150897.jpg

20130803_032 posted by (C)sumomojam

a0320564_21150866.jpg

20130803_033 posted by (C)sumomojam

a0320564_21150973.jpg

20130803_034 posted by (C)sumomojam

a0320564_21150943.jpg

20130803_035 posted by (C)sumomojam

a0320564_21150928.jpg

20130803_036 posted by (C)sumomojam

今夜の流灯です。清地橋から撮影しました。
あちこちが通行止めでチャリでも古川橋方面への移動は無理と判断し、ここだけの写真になりました。めっちゃ渋滞してましたよ。
[PR]

by sumomojam39 | 2013-08-03 14:30 | 街歩き