春日部押絵羽子板

今週、朝のラジオ「吉田照美さんのソコダイジナトコ」(通称「ソコトコ」)の鈴木純子さんのコーナーで紹介されていた催し、「春日部押絵羽子板と特産品まつり」に行ってきました。

まつりとは言っても、屋台もなければ、神輿もありません。

とき 12月23日(祝日)・24日(土曜日)・25日(日曜日) 午前10時~午後7時

ところ 春日部駅東口前
※駐車場がありませんので車での来場はご遠慮ください

本当に改札抜けてすぐ目の前です。
会場はそんなに広くありません。

春日部は、特産品として、桐箪笥(たんす)、麦わら帽子、押絵羽子板、桐箱があります。
それぞれにゆるキャラもあるんです。

「はごっち」(「押し絵羽子板」のイメキャラ)
「キリたん」(桐たんすのイメキャラ)
「ハッティー」(麦わら帽子のイメキャラ)
「ばっこ」(桐箱のイメキャラ)

デザインは下記参照。
http://www.pref.saitama.lg.jp/page/yurukyara.html

番外編として、「とろ★りん」(春日部やきそばゆるキャラ)

天気は良かったのですが、めっちゃ寒く、年忘れ漫才競演2011で、トリの青空球児好児さんを見た後、午後2時過ぎに行ってきました。

a0320564_21065668.jpg

RIMG111223_001 posted by (C)sumomojam

今年は「第14回の春日部押絵羽子板と特産品まつり」です。

a0320564_21065664.jpg

RIMG111223_002 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065634.jpg

RIMG111223_003 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065720.jpg

RIMG111223_004 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065712.jpg

RIMG111223_005 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065732.jpg

RIMG111223_006 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065701.jpg

RIMG111223_007 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065748.jpg

RIMG111223_008 posted by (C)sumomojam

春日部駅東口の改札を抜け、進行方向右側を向きますと、こんな感じに見えます。

a0320564_21065705.jpg

RIMG111223_009 posted by (C)sumomojam

看板のように、黒い大きな羽子板が展示されていますが、押絵羽子板の出店は、駅側とターミナル側とに分かれたお店の、駅側に並んでいます。
ターミナル側は、羽子板以外の特産物、お茶などが並べられていました。

a0320564_21065797.jpg

RIMG111223_011 posted by (C)sumomojam

このように職人さんが作業を実演していらっしゃいました。

a0320564_21065728.jpg

RIMG111223_012 posted by (C)sumomojam

浮世絵の絵柄を立体的に描いた押絵羽子板は、実に見事です。
長さ15センチくらいの5千円クラスの物から、4万円以上するものまで、例えるなら、酉の市の熊手のように、ピンからキリまであります。
また、買い方もそれと同じで、値切り、そして定価分を払い、値切った分は職人さんへのチップとするのが、粋な買い方だと説明されていました。

春日部に何故羽子板と思ったら、ラジオ番組で聴いた説明では、元々浅草におられた職人さんが、春日部に移住されたとのことで、押絵羽子板には、4つの工程があり、それぞれの職人が存在するのですが、そのすべての工程の職人さんが揃っているのが、春日部なのだそうです。

a0320564_21065724.jpg

RIMG111223_013 posted by (C)sumomojam

会場では、大正琴のBGMがかかっていました。和の雰囲気、満載です。

a0320564_21065711.jpg

RIMG111223_014 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065781.jpg

RIMG111223_015 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065790.jpg

RIMG111223_016 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065810.jpg

RIMG111223_017 posted by (C)sumomojam

最期に、関連しているHPをご紹介しておきます。

http://www.city.kasukabe.lg.jp/public/info01.nsf/0/B3FEE70DDB1D0F5749257965000CDF06/

http://www.kasukabe-cci.or.jp/sightseeing/

http://www.kasukabe-tokusan.jp/

http://data.wagmap.jp/kasukabe/sp/event/201112021103212.html

http://www.tadi.jp/hagoita/
[PR]

by sumomojam39 | 2011-12-23 20:39 | 街歩き

釣り堀ニャンコ、2

冬至も過ぎて、最低気温が氷点下になってしまった師走。
頬を斬る様な冷たい空気です。
ネコはどうしているのかなと思いつつ、過去の写真を確認しています。
そんな写真のご紹介の続きです。
撮影は9月、まだ暖かい頃のものです。
そして場所は宮代町、東武動物公園のすぐ目の前にあるところです。

東武動物公園では、この三連休、クリスマスにちなんだイベントを催しています。
『キャンドルナイト』
 【開 催 日】平成23年12/23(祝)・24(土)・25(日)※雨天中止
 【時  間】17:00~19:30
 【場  所】ゲームセンターカーニバル横

『クリスマスアカペラコンサート』
 【開 催 日】12/23(祝)・25(日)※雨天中止
 【時  間】18:00~18:30
 【場  所】カワセミ前

『櫻−sakura−クリスマススペシャルライブ』
 【開 催 日】平成23年12/24(土)※雨天の場合は、翌日に順延
 【時  間】18:00~18:30
 【場  所】G-MAX下特設ステージ

とりあえず、天気は雨にはならなそうです。

また、今月の営業は下記の通りのようです。

○営業時間詳細はこちら
http://www.tobuzoo.com/mailmagazine/201112-2.html

◆12/19(月)~12/30(金)…10:00~19:30
 ※遊園地アトラクション・動物の展示は一部を除いて10:00~16:30
 ※木製コースターレジーナは平日10:30~16:30
 ※イルミネーション点灯時間…17:00~19:30

◆12月の休園日…12/31(土)

では、そんな動物公園の近くに住んでいるニャンコを紹介します。
子育て真っ最中の母さんニャンコです。

a0320564_21065241.jpg

RIMG110908_062 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065296.jpg

RIMG110908_063 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065205.jpg

RIMG110908_064 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065233.jpg

RIMG110908_065 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065260.jpg

RIMG110908_066 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065220.jpg

RIMG110908_067 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065214.jpg

RIMG110908_068 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065294.jpg

RIMG110908_069 posted by (C)sumomojam

RIMG110908_070
RIMG110908_070 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065204.jpg

RIMG110908_071 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065257.jpg

RIMG110908_072 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065229.jpg

RIMG110908_073 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065240.jpg

RIMG110908_074 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065288.jpg

RIMG110908_075 posted by (C)sumomojam

RIMG110908_076
RIMG110908_076 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065391.jpg

RIMG110908_077 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065321.jpg

RIMG110908_078 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065380.jpg

RIMG110908_079 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065320.jpg

RIMG110908_080 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065345.jpg

RIMG110908_081 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065385.jpg

RIMG110908_082 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065331.jpg

RIMG110908_083 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065346.jpg

RIMG110908_085 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065394.jpg

RIMG110908_086 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065365.jpg

RIMG110908_087 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065435.jpg

RIMG110908_088 posted by (C)sumomojam

ニャンコ、私の傍でリラックスしてお手入れを済ませ、このあと再び釣り人のもとへ遊びに行きました。
釣り人は前回の人とは別の人です。

a0320564_21065473.jpg

RIMG110908_090 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065455.jpg

RIMG110908_091 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065423.jpg

RIMG110908_092 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065457.jpg

RIMG110908_093 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065471.jpg

RIMG110908_094 posted by (C)sumomojam

おじさんに釣果があったようです。
ニャンコも気が付いた模様。

a0320564_21065499.jpg

RIMG110908_095 posted by (C)sumomojam

お裾分け、もらえるかな。

a0320564_21065595.jpg

RIMG110908_096 posted by (C)sumomojam

期待しているようです。

a0320564_21065577.jpg

RIMG110908_097 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065553.jpg

RIMG110908_098 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065527.jpg

RIMG110908_099 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065586.jpg

RIMG110908_100 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065512.jpg

RIMG110908_101 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065564.jpg

RIMG110908_102 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065551.jpg

RIMG110908_103 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065537.jpg

RIMG110908_104 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065574.jpg

RIMG110908_105 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065526.jpg

RIMG110908_106 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065569.jpg

RIMG110908_107 posted by (C)sumomojam

結構、喜びを分かち合おうと、遠慮がちに近づいて行ったのに、おじさんは歓迎してくれませんでした。

a0320564_21065567.jpg

RIMG110908_108 posted by (C)sumomojam

おじさんに悪気はなかったと思うのですが、ニャンコのほうにアミの柄の方が向かってきて、ビビっておりました。

a0320564_21065650.jpg

RIMG110908_109 posted by (C)sumomojam

「なによ、一寸くらい分けてくれたって」と言うような感じです。

a0320564_21065681.jpg

RIMG110908_110 posted by (C)sumomojam

再び、私の傍のベンチにやってきました。
可哀想に、おじさんの態度にショックを受けたようです。

a0320564_21065697.jpg

RIMG110908_111 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065640.jpg

RIMG110908_112 posted by (C)sumomojam

おセンチになったニャンコも可愛いものです。
[PR]

by sumomojam39 | 2011-12-23 17:25 | ネコ写真

釣り掘のニャンコ

今回は久しぶりにネコの写真を紹介します。
撮影は、秋のもの。場所は、東武動物公園の傍です。
東武動物公園では、クリスマスにイベントも催されるらしく、動物公園メールが今夜届きました。

a0320564_21064582.jpg

RIMG110908_003 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064633.jpg

RIMG110908_004 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064652.jpg

RIMG110908_005 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064636.jpg

RIMG110908_006 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064609.jpg

RIMG110908_007 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064645.jpg

RIMG110908_008 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064651.jpg

RIMG110908_009 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064784.jpg

RIMG110908_011 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064723.jpg

RIMG110908_013 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064715.jpg

RIMG110908_014 posted by (C)sumomojam

RIMG110908_015
RIMG110908_015 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064749.jpg

RIMG110908_016 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064747.jpg

RIMG110908_017 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064725.jpg

RIMG110908_018 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064731.jpg

RIMG110908_019 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064724.jpg

RIMG110908_020 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064729.jpg

RIMG110908_022 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064726.jpg

RIMG110908_023 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064732.jpg

RIMG110908_025 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064771.jpg

RIMG110908_026 posted by (C)sumomojam

RIMG110908_027
RIMG110908_027 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064803.jpg

RIMG110908_028 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064888.jpg

RIMG110908_029 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064817.jpg

RIMG110908_030 posted by (C)sumomojam

いつものようにおじさんに餌をもらえるうちはそばにいて、適当になると私の方に歩み寄って来てました。ネコと接するのには、根気が必要です。ネコは、追いかけると逃げますが、待っているとちゃんとそばに来てくれます。
その証拠に、この子がここまで何回往復しているかを見れば解ると思います。
そしてここまで懐いてくれると、こちらからゆっくりと歩み寄っても、逃げないでくれるようになります。

a0320564_21064827.jpg

RIMG110908_031 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064828.jpg

RIMG110908_032 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064895.jpg

RIMG110908_033 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064909.jpg

RIMG110908_034 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064913.jpg

RIMG110908_035 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064916.jpg

RIMG110908_036 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064939.jpg

RIMG110908_037 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064944.jpg

RIMG110908_038 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064935.jpg

RIMG110908_039 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064976.jpg

RIMG110908_040 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064961.jpg

RIMG110908_041 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064921.jpg

RIMG110908_042 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064901.jpg

RIMG110908_043 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065012.jpg

RIMG110908_044 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065059.jpg

RIMG110908_045 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065026.jpg

RIMG110908_046 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065094.jpg

RIMG110908_047 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065062.jpg

RIMG110908_048 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065024.jpg

RIMG110908_049 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065031.jpg

RIMG110908_050 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065015.jpg

RIMG110908_051 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065067.jpg

RIMG110908_052 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065041.jpg

RIMG110908_053 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065197.jpg

RIMG110908_054 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065111.jpg

RIMG110908_055 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065101.jpg

RIMG110908_056 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065137.jpg

RIMG110908_057 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065185.jpg

RIMG110908_058 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065113.jpg

RIMG110908_059 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065177.jpg

RIMG110908_060 posted by (C)sumomojam

a0320564_21065136.jpg

RIMG110908_061 posted by (C)sumomojam

このあと、心を許してくれたのか、さらに可愛い仕草を見せてくれます。
この続きはまたの機会に。
[PR]

by sumomojam39 | 2011-12-21 21:15 | ネコ写真

茨城こんにゃく関所探訪

先月訪問した茨城県、そのバスツアーの写真をご紹介します。
袋田の滝の様子を二回にわたりご紹介しましたが、そのあと、「こんにゃく関所」という土産物店、竜神峡、花貫渓谷へ向かいました。
「こんにゃく関所」では店を見ることなく、その周辺の様子を楽しみ、竜神峡ではその絶景を楽しみ、花貫渓谷では日暮れまでの許された散策時間に見た素晴らしい秋の様子を撮影しました。

a0320564_21064441.jpg

RIMG111122_154 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064481.jpg

RIMG111122_155 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064496.jpg

RIMG111122_156 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064406.jpg

RIMG111122_157 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064400.jpg

RIMG111122_161 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064572.jpg

RIMG111122_163 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064576.jpg

RIMG111122_165 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064595.jpg

RIMG111122_166 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064513.jpg

RIMG111122_169 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064511.jpg

RIMG111122_170 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064549.jpg

RIMG111122_171 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064524.jpg

RIMG111122_175 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064537.jpg

RIMG111122_177 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064570.jpg

RIMG111122_178 posted by (C)sumomojam

袋田の滝の散策時間中をフルに歩いてしまったので、お弁当を食べておらず、この休憩地で急いで食べました。そして、残りの時間を土産物屋には入らずに、通りを渡った久慈川沿いの散策に時間を費やしました。
久慈川の流れは緩やかで、しかも、その傍らには見事な紅葉。これを撮影しないわけにはいきません。
このあたりの匂いは、幼い頃、両親の実家がある岩手の祖父母のいる家で嗅いだものと同じ懐かしいものでした。緩やかな流れの久慈川に癒されます。

バスツアー、集合時間内であればその行動は自由です。
私は風景を楽しむことを第一に考えていますので、土産物には全く興味がありませんでした。休憩時間に気にするのは、トイレと飲み物の確保、それ以外は、散策あるのみです。

ちなみに今回参加したツアーは、阪急交通社のものです。
[PR]

by sumomojam39 | 2011-12-18 16:23 |

袋田の滝を見る、後編

今年も残りはや半月。我が家の年賀状もようやく片付きました。
実は以前、傷めてしまった前歯が疼き始め、最近、歯科に通院し始めました。
歯は、疼き始めますと、段々どこが痛いのかわからなくなってくるくらい、辛いものです。私の場合、夜間、睡眠時無呼吸のC-PAP療法をしているので、今の季節、絶えず冷たい外気が口中に送られることから、睡眠にも支障をきたしてしまいます。

さて、先月バスツアーに行った袋田の滝の様子について、まだご紹介が残っておりました。阪急交通社のツアーでしたが、天候にも恵まれ、とてもいい思い出になりました。

a0320564_21063618.jpg

RIMG111122_068 posted by (C)sumomojam

第一観瀑台です。

a0320564_21063638.jpg

RIMG111122_069 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063660.jpg

RIMG111122_071 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063648.jpg

RIMG111122_072 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063711.jpg

RIMG111122_075 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063725.jpg

RIMG111122_078 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063778.jpg

RIMG111122_081 posted by (C)sumomojam

第一観瀑台からトンネル内に戻ると、この四度の瀧不動尊があります。

a0320564_21063798.jpg

RIMG111122_082 posted by (C)sumomojam

トンネルをさらに進み、第二観瀑台に向かうエレベーターホールがあります。

a0320564_21063774.jpg

RIMG111122_083 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063742.jpg

RIMG111122_084 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063745.jpg

RIMG111122_085 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063722.jpg

RIMG111122_086 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063719.jpg

RIMG111122_087 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063734.jpg

RIMG111122_088 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063849.jpg

RIMG111122_089 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063807.jpg

RIMG111122_090 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063860.jpg

RIMG111122_091 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063864.jpg

RIMG111122_092 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063824.jpg

RIMG111122_093 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063838.jpg

RIMG111122_094 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063869.jpg

RIMG111122_097 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063873.jpg

RIMG111122_098 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063809.jpg

RIMG111122_099 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063828.jpg

RIMG111122_101 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063840.jpg

RIMG111122_102 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063922.jpg

RIMG111122_104 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063983.jpg

RIMG111122_105 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063908.jpg

RIMG111122_106 posted by (C)sumomojam

第二観瀑台から見える景色は、第一観瀑台よりも遥かに綺麗です。

再び、吊り橋に向かいます。

a0320564_21063907.jpg

RIMG111122_107 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063979.jpg

RIMG111122_108 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063944.jpg

RIMG111122_109 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063955.jpg

RIMG111122_110 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063960.jpg

RIMG111122_111 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063915.jpg

RIMG111122_112 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063943.jpg

RIMG111122_113 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063967.jpg

RIMG111122_114 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063980.jpg

RIMG111122_115 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063949.jpg

RIMG111122_116 posted by (C)sumomojam

吊り橋を渡ると正面に謎の階段が見えました。

a0320564_21063981.jpg

RIMG111122_117 posted by (C)sumomojam

この階段は、袋田自然研究路というルートなようです。
結構急な階段です。
しかも、この階段、途中までは金属製なのですが、途中から石段になります。
私は、自由散策時間の限界で途中から引き返すことにしたのですが、階段登っている途中にすれ違った上に上がった人の話では、石段の長さは、金属製の階段とほぼ同じくらいだとおっしゃっておられました。

a0320564_21064000.jpg

RIMG111122_118 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064005.jpg

RIMG111122_120 posted by (C)sumomojam

袋田自然研究路②の「天狗岩の伝説」です。
ここまででも結構しんどいですよ。

a0320564_21064045.jpg

RIMG111122_121 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064067.jpg

RIMG111122_122 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064027.jpg

RIMG111122_123 posted by (C)sumomojam

このあたりが、袋田自然研究路③の「袋田の滝(四度の滝)」になります。

a0320564_21064010.jpg

RIMG111122_124 posted by (C)sumomojam

石段はこんな感じです。
急こう配で、たまにチェーンが岩に張ってあり、それにつかまりながら歩く時もありました。

a0320564_21064086.jpg

RIMG111122_125 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064068.jpg

RIMG111122_126 posted by (C)sumomojam

この階段を頑張って登った人にだけ、袋田の滝の上流の様子が見られます。
私はほんの一寸だけでしたが。

残念でしたが、もう集合時間まで20分を切っていました。
遅刻で皆さんに迷惑をかけるのは嫌なので、ここで戻ることにしました。
なお、袋田自然研究路、さらに石段は続いていまして、月居山(つきおれやま)、生瀬滝、観音堂などを散策できるルートがあるようです。
途中まで行ったものの感想としては、間違いなくレアな景色を拝めるし、また、達成感もかなりあると思われますが、足元が安全な時期に行くべきだと思います。私は、時間的な拘束こそありましたが、天気はバッチリでした。
あとは、履物や動きやすい服装が好ましいと思います。
軍手なども出来たらした方が良いかも。

a0320564_21064071.jpg

RIMG111122_127 posted by (C)sumomojam

後ろ髪をひかれつつ、戻ります。
しかし、結構おっかない。

a0320564_21064073.jpg

RIMG111122_128 posted by (C)sumomojam

そして階段を降りきって、前回、吊り橋を渡った後にチョロッと立ち寄った休憩所に来ました。
休憩所から眺める吊り橋、観瀑所方面の景観も良いものです。

a0320564_21064039.jpg

RIMG111122_129 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064187.jpg

RIMG111122_130 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064183.jpg

RIMG111122_131 posted by (C)sumomojam

休憩所から滝川沿いを滝見橋方面に進みます。

a0320564_21064138.jpg

RIMG111122_132 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064113.jpg

RIMG111122_133 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064107.jpg

RIMG111122_134 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064114.jpg

RIMG111122_135 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064112.jpg

RIMG111122_136 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064157.jpg

RIMG111122_137 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064141.jpg

RIMG111122_138 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064155.jpg

RIMG111122_139 posted by (C)sumomojam

袋田自然研究路、ここのルートは通行止めみたい。
地震とかの影響で、通行止めのところもあるのかも。

a0320564_21064164.jpg

RIMG111122_140 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064221.jpg

RIMG111122_141 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064226.jpg

RIMG111122_142 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064246.jpg

RIMG111122_143 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064285.jpg

RIMG111122_144 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064217.jpg

RIMG111122_145 posted by (C)sumomojam

ようやく「依田屋」さんのところまで来ました。
もうバスの停留先は近いです。
添乗員さんがバスの停留している場所を教えてくれました。

a0320564_21064290.jpg

RIMG111122_146 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064343.jpg

RIMG111122_147 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064372.jpg

RIMG111122_148 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064310.jpg

RIMG111122_149 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064375.jpg

RIMG111122_150 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064373.jpg

RIMG111122_151 posted by (C)sumomojam

a0320564_21064300.jpg

RIMG111122_152 posted by (C)sumomojam

最期に橋の上から今来た道の方向を眺めました。
袋田の滝、華厳の滝、那智の滝と並んで、日本三大名瀑の一つだと言われておりますが、見事な眺望でした。
特に、袋田自然研究路を行くと、少し階段はきついですが、無料で滝が見られることも知りました。

ツアーはこのあと、こんにゃく街道という土産物店に立ち寄り、竜神峡、そして花貫渓谷に向かいます。
この季節、午後3時を過ぎますと、日が陰ってきまして、寒さと共に、写真の露出が厳しくなります。それでも、紅葉はとても綺麗でした。
また、後日、そちらの写真もご紹介させていただく予定です。

先日は皆既月食、そして昨夜はふたご座流星群と、ここのところ天体観測シーズンになっています。どんなに寒くっても、ネットで見たり、BS放送で見たりできるので、便利な世の中です。解像度は余りよろしくありませんが、寒風吹きすさぶ中、何処に現れるか定かでない流星の場合、ネット見物は、悪くない手段です。来年1月3日にもまた別の流星群があると言ってました。
[PR]

by sumomojam39 | 2011-12-15 01:47 |

袋田の滝を見る、前編

師走になって二週目、本当に歳月が早く感じます。
前回記事にした千葉房総方面のバスツアーは、降水確率90%の中、朝の集合場所までの道のり以外、全く雨が降らず、とってもラッキーでした。
さて、今回は先月茨城のバスツアーに行った際に最初に観光した「袋田の滝」の写真をご紹介します。

袋田の滝へは、意外にも初訪問でした。
栃木県の滝は結構行っていたのに、茨城県へは余り行っていませんでした。
今回は茨城県の良さを再確認できた感じがします。

春日部から国道16号線を柏方面に進み、柏料金所より常磐自動車道に入りました。途中、守谷SAでトイレ休憩がとられ、そこから那珂料金所で降り、約一時間走った先(47km)に袋田の滝がありました。

a0320564_21062999.jpg

RIMG111122_007 posted by (C)sumomojam

ここはバスがツアー客を降車させたところです。
この土産物店が並ぶ場所の通りを挟んで滝川が流れています。

a0320564_21063034.jpg

RIMG111122_008 posted by (C)sumomojam

ここから袋田の滝を目指し歩きます。

a0320564_21063000.jpg

RIMG111122_009 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063080.jpg

RIMG111122_010 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063029.jpg

RIMG111122_011 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063085.jpg

RIMG111122_012 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063099.jpg

RIMG111122_013 posted by (C)sumomojam

ここ、滝川は、ご覧のように滝から流れてくる川のせせらぎがゆるやかです。

a0320564_21063033.jpg

RIMG111122_014 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063092.jpg

RIMG111122_015 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063002.jpg

RIMG111122_016 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063075.jpg

RIMG111122_017 posted by (C)sumomojam

撮影は11月22日、紅葉シーズン真っ盛りでした。

a0320564_21063051.jpg

RIMG111122_018 posted by (C)sumomojam

滝川と紅葉、これも素敵な景色でした。

a0320564_21063168.jpg

RIMG111122_019 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063164.jpg

RIMG111122_020 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063178.jpg

RIMG111122_021 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063116.jpg

RIMG111122_022 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063197.jpg

RIMG111122_023 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063230.jpg

RIMG111122_024 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063219.jpg

RIMG111122_025 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063299.jpg

RIMG111122_026 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063276.jpg

RIMG111122_027 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063314.jpg

RIMG111122_028 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063390.jpg

RIMG111122_029 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063341.jpg

RIMG111122_030 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063386.jpg

RIMG111122_031 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063389.jpg

RIMG111122_032 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063352.jpg

RIMG111122_033 posted by (C)sumomojam

私もここで沢山パンフレットいただいてきました。
そして二種類のスタンプも押してきました。

a0320564_21063369.jpg

RIMG111122_034 posted by (C)sumomojam

いよいよ「袋田の滝観瀑トンネル」です。
ここに入るのには、大人300円、子供150円が必要です。
第一観瀑台、エレベーターに乗る第二観瀑台など見どころ満載です。

a0320564_21063310.jpg

RIMG111122_035 posted by (C)sumomojam

トンネル内はこんな感じです。
イルミネーションがあるとパンフにありましたが、確認できませんでした。

a0320564_21063359.jpg

RIMG111122_036 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063361.jpg

RIMG111122_037 posted by (C)sumomojam

トンネルを165mほど進むと、前方右側に滝を眺められる場所があります。
ここは、特に名づけられていない観瀑箇所です。

a0320564_21063317.jpg

RIMG111122_038 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063344.jpg

RIMG111122_039 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063358.jpg

RIMG111122_040 posted by (C)sumomojam

吊橋出口からの眺めです。
左上に見えるのがこの先の第一展望台になります。

a0320564_21063425.jpg

RIMG111122_041 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063472.jpg

RIMG111122_044 posted by (C)sumomojam

吊橋出口からも滝を含めとても素敵な景観が味わえます。

a0320564_21063451.jpg

RIMG111122_045 posted by (C)sumomojam

多少揺れはありますが、吊橋からの眺めも良いです。

a0320564_21063404.jpg

RIMG111122_046 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063405.jpg

RIMG111122_047 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063442.jpg

RIMG111122_048 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063403.jpg

RIMG111122_049 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063434.jpg

RIMG111122_050 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063462.jpg

RIMG111122_051 posted by (C)sumomojam

吊橋を渡ると、観瀑トンネルとは別の道がありました。
こちらは、無料です。

a0320564_21063481.jpg

RIMG111122_052 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063438.jpg

RIMG111122_053 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063537.jpg

RIMG111122_054 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063553.jpg

RIMG111122_055 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063519.jpg

RIMG111122_056 posted by (C)sumomojam

休憩場所がありました。

a0320564_21063555.jpg

RIMG111122_057 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063507.jpg

RIMG111122_058 posted by (C)sumomojam

RIMG111122_059
RIMG111122_059 posted by (C)sumomojam

「こちらから帰れます」と書かれており、まだエレベーターにも第一、第二観瀑台にも行っていないので、ここからもと来た道をトンネル方面に戻ることにしました。

a0320564_21063579.jpg

RIMG111122_061 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063510.jpg

RIMG111122_062 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063676.jpg

RIMG111122_063 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063625.jpg

RIMG111122_064 posted by (C)sumomojam

素晴らしい好天に恵まれ、こんな素敵な景色を眺めることができました。
袋田の滝、とっても良いところです。

a0320564_21063609.jpg

RIMG111122_065 posted by (C)sumomojam

a0320564_21063656.jpg

RIMG111122_066 posted by (C)sumomojam

写真撮影枚数が多く、まだ半分くらいしかご紹介していません。
次回、この続きをご紹介します。
[PR]

by sumomojam39 | 2011-12-05 10:45 |

バスツアー

早くも師走、今年もあと一か月になりました。
昨夜夜半からの雨がそぼ降り、一段と寒い朝になりました。
今年は、比較的温暖な陽気で、寒暖の差が余りない所為か関東地方の紅葉の色づきが余り良くない、また、関西地方も例年よりも少し遅いと、先日、ツアー添乗員さんに聴かされました。
先々月、初めて一人でバスツアーに参加しましたが、実はこの秋から冬にかけて、毎月一度ずつ予約を入れていました。

10月は、山梨の富士五湖方面、11月は、茨城の袋田方面の紅葉、そして12月は、千葉房総の養老渓谷散策です。

実は、12月の予定は明日に迫っています。あいにくの天気になってしまいそうですが、防寒対策などを含め、今から楽しみにしています。

折角、バスツアーに参加するので、調査も兼ねて検討しました。
前回の山梨のツアーと次回の千葉のツアーは、クラブツーリズムのもので、11月の茨城バスツアーは阪急交通社のものです。
クラブツーリズムのものは、春日部→せんげん台→南越谷というように進みます。阪急交通社のものは、岩槻→春日部と進みました。

出発点が春日部の場合、バスに乗り込むのには余裕があります。中継点の場合は、当然のことですが、時間厳守です。
バスツアーの場合、キモになるのはトイレタイムです。
意外に知られていないことですが、トイレタイムは想定外にとられるもので、それによって時間の行程がズレまくります。
参加者の多くが年配なこともあり、トイレに行くインターバルは、結構深刻な問題です。トイレの近い人は、水分を取るのをコントロールしてもらいたいところですが、得てして、SAでトイレを済ませた後、熱々のコーヒーを買ってきたりするのが多いのもご年配の習性なようです。

しかも、かなり時間感覚もモラルにも寛容になられており、加えてお耳が遠くなってきていることも重要なファクターです。添乗員さんに、前方の座席の方が、緊急のトイレを申し出、それに伴い、近くの公園やコンビニの傍で緊急停止。それを添乗員さんが伝えますが、後方の乗客はその伝聞が伝わらず、暫く停車してその対象客がバスに戻ってくる頃になって、「私も行きたかった。聴こえなかった。」と文句を言うケースも度々あります。

ベテランの添乗員さんは、バスは緊急で停車したのであり、できるだけ決まった休憩地にてトイレを済ませることで、行程の時間を守っていきたいと訴えます。そして、その緊急停止の時間、対象のお客様が戻られるまで、過去の添乗時の逸話などを楽しくお話しされるのも、ベテランならではなのです。

ツアーには、食べ放題などのお食事をメインとしたもの、散策をメインとしたもの、景勝地網羅をメインとしたもの、紅葉見物などの季節感をメインとしたものなどがあり、また、バスの種類にも大きく二通りあるようです。
移動手段としてのバスに、リラックスできるとかトイレ付だとかの御寛ぎ空間にするタイプがあるのです。

私は、これらを踏まえて、旅の選択をしました。
山梨は、景勝地網羅、そして、忍野八海散策が第一の目的でした。
茨城は、季節感を味わう気持の良い散策ができること、そして、お弁当の充実が第一の目的でした。
千葉は、28席限定のアメシャスプリンスというバス。これはトイレ付、そして社内スリッパなど、移動時間のリラックスが望めます。そして、一度は行ってみたかった養老渓谷散策、寿司と浜焼き食べ放題というのも魅力です。

千葉のものはまだ行っていないので、これ以上詳しくは書けませんが、これまでの二つのツアーについて感想を含め、纏めてみます。

冒頭にも触れましたが、今年の関東地区の紅葉はかなり期待外れだと言われております。

山梨の場合、コスモスも台風被害のため、紅葉はそれ以前に立ち枯れという状態になり、さんざんだったと思います。赤いのは、ナナカマドくらいなものでした。時期も早すぎたと思います。最も、私の目的は忍野八海中心だったので、紅葉には期待してませんでしたし、天候が抜群だったので、初めて行った富士山五合目での景観も最高でした。

茨城の方は、袋田の滝、竜神峡、花貫渓谷を回りましたが、こちらの景観は格別なものでした。ツアーのタイプも比較的散策時間をたっぷりととられており、おかげでそのポイントポイントのフィールドを自分のペースで楽しむことができました。袋田の滝では、トンネル内を網羅するだけでなく、つり橋を渡った先にある袋田自然研究路という一寸ハードな階段を途中まで登って行きました。滝を違った視点から眺めることができたのは、たっぷりと取られた散策時間のお蔭です。
加えて一寸奮発して幕の内弁当から12マス弁当というものにしましたら、これが大当たり。実は散策に夢中でお弁当を食べる時間も惜しいくらい歩き回ったのですが、前回の本当におまけ程度の付属弁当に比べたら3段以上段違いでした。

山梨は、4980円+保険500円+お土産・お買いもの11446円でした。
茨城は、5990円+弁当ランクアップ代600円+竜神大吊橋通行料270円+駅往復交通費と飲み物代などで、1000円弱でした。

茨城ツアーは買い物は、極力控え、旅を堪能することにしました。工場見学などがないので、土産物などで余計な出費をせずに済んだのは、結構ありがたいと感じました。

バスツアー、工場見学など旅行会社と土産物店のタイアップがあると、ツアー参加費以外の出費がかさむように感じます。買い物を楽しむならば、それも良いものですが、できればその土地の物までにして、余計な出費は控えたいものです。
[PR]

by sumomojam39 | 2011-12-01 11:46 |