<   2010年 09月 ( 78 )   > この月の画像一覧

棄てネコちゃんのその後

昨日の午後、雨がやんだ午後2時過ぎに、内牧公園に早速行って来ました。
目的は、ネコが、それも日曜の雨が降り始めた午後6時頃に出会った棄てネコのことが気になっていたからです。

出会った場所に行きましたが、居ません。出てきたのは、デブミイと白ネコだけ。そこに、棄てネコちゃんに日曜に餌をあげたおじさんが、やって来ました。おじさんも気にしていて、月曜も昨日も毎日、雨が降ってもここに来て、餌をあげていたのだそうです。

おじさんは、前日の月曜午後3時くらいに来た時に、この場所に餌を食べに出てきたのは、棄てネコちゃんだけだったと話してくれました。それが居ない。デブミイに追い出されちゃったかなと、想像しました。デブミイは、人には愛想が良いのですが、他のネコには意外に攻撃的な子です。この場所に、一緒に居る白ネコは怪我が堪えませんし、いつも唸って追いかけられています。

その場所一体を一通り呼びかけてみましたが、出てくる気配がなかったので、カアちゃんや白ネコたちがいる場所に移動しました。雨あがりの中、直ぐに出てきたカアちゃんは、とっても人が来るのが待ち遠しかったようで、じゃれてきました。白ネコも2匹現れましたが、ここにも棄てネコちゃんはいませんでした。

a0320564_20495861.jpg

1009280012 posted by (C)sumomojam

続いて、茶とら君たちのいる場所に行きました。そこに居たのは茶とら君、姫ちゃん、ミイママ、ラン丸と、マキちゃんと凶ちゃん以外の4匹がいました。
姫ちゃんは、先に来ていたおじさんに、餌をもらい満足し、自分の好きな場所に移動してしまい、ラン丸も最近、凶ちゃんの尾行で頭が一杯みたい。凶ちゃんは、群れに入れず、見つけ次第追い返される、この場所のネコたちにとって指名手配犯なのです。
ミイママは、いつも通りドシンと自分の気に入った場所に寝そべり、茶とら君は、私と遊んでいました。なんかミイママが最近茶とら君にもマキちゃんにも唸るようになってきたので、茶とら君は余計にミイママとは、チョット距離を置いているようだし、マキちゃんもこの場所に寄りつかなくなってきています。姫ちゃんもおそらくそんな感じかもしれません。

茶とら君とのスキンシップを終え、次に向かった場所は、子ネコがいたあの場所です。呼びかけながら、その場所に向かうと、あの親ネコが、子供をみつけ奥に鳴きながら歩いていくではありませんか。安堵していると、別の鳴き声が聴こえました。その方向を振り返ると、そこに居たのは、なんとあの棄てネコちゃんでした。

a0320564_20495952.jpg

1009280034 posted by (C)sumomojam

外見的には尾っぽが太いのと左前脚だけ縞で、他の三本がソックスはいているような白なの、そして顔がチョットコミカルなのが特徴。そんな子が、小川を飛び越え、私をみつけやって来ました。ここまで、どうやって来たんだろう。そんなことを考えながら迎えると、やっぱりなんか言いたい様で、ネコ語で何かを話しています。しばらく構ってやると、私の自転車の傍から離れなくなりました。怖い思いをしたのかなと想像し、ついて来るならと、自転車を押して茶とら君の居るところに向かうことにしました。

すると、予想通り私について来ました。足に纏わりついてくれるので、抱きかかえ、「良いか、私の知り合いのネコに紹介するから、仲良くするんだよ」と声をかけ、降ろしました。
あとからトボトボとついて来る子は、時折、鳴き声を上げたり、休んだりしながら、漸く茶とら君たちがいる脇の道まで歩いてきました。

すると姫ちゃんが迎えに出てきました。姫ちゃんは、様子をうかがっていましたが、棄てネコちゃんが、姫ちゃんに向かって唸りだしました。
言い聞かせた筈なのに、誰に教わったか上体を下げ唸る戦闘モードです。
姫ちゃんに「御免ネ」と声をかけ、棄てネコちゃんに「唸っちゃダメでしょ」とあごを撫でてやりました。私には、唸らないし、抱いても逃げようと身体をくねらせたりしないし、爪も立てません。性格は相変わらず良いのに、雨の中、怖い思いをしてしまったのかも知れません。

すると、今度は茶とら君が顔を見せました。
茶とら君は、大人しいし、私にも慣れています。
今度は、棄てネコちゃんを抱きかかえたまま、茶とら君に紹介しました。
「どうか仲良くしてあげてくれ」
茶とら君は、私に抱かれたこの子のお尻を嗅ぎました。
この子も今度は、静かにしていると思ったら、私の腕の中で唸り始めました。
喉に手を当て摩りながら「唸っちゃ、ダメだよ」と言うのですが、茶とら君は、ポカンとした顔で、座ってました。
棄てネコちゃんが攻撃しないように抱いていたのですが、やっぱり、怯えています。

仕方なく茶とら君に「御免ネ」と詫びを入れ、次の場所、カアちゃんのいるトイレの傍に向かいました。可笑しなもので、棄てネコちゃんは、こんなやりとりがあっても、私の後をついてきました。しかし、姫ちゃん、茶とら君と連続のストレスもあったのか、特に威嚇された訳じゃないのに、さっきよりも歩みが遅くなり、いじけているように感じました。

ほどなく、カアちゃんのいる場所に着きました。
ベンチでおばさん二人が話している所為か、ネコたちは見当たりませんでした。すると、棄てネコちゃんは、その場所のあちこちを歩き回り、ベンチや建物の柱を嗅いで歩きました。そこに、通称「カリカリおじさん」が登場しました。カリカリいう餌を持ち歩いているおじさんで、いつも会うおじさんの一人です。

a0320564_20495927.jpg

1009280039 posted by (C)sumomojam

おじさんに顛末を話すと「この子がいるのは知っていたけれど、良く大人しくしているな」と感心していました。どうやら、おじさんは近づいて逃げられた経験があるようでした。おじさんは、すぐにカリカリと音がする餌を入れ物に入れて、棄てネコちゃんに差し出してくれました。
棄てネコちゃんは、よっぽど空腹だったのでしょう。それを全て平らげてしまいました。
すると、最初、デブミイちゃんのいた場所で別れたおじさんが、やって来ました。そう、あの月曜にこの子に餌をあげ、居ないのを心配していたおじさんです。

おじさんに、この子、見つけましたと声をかけ、顛末を話すと、おじさんは、ネコ用のツナ缶を開け、棄てネコちゃんにあげました。
それをまたぺろりと平らげると、また、その近辺をあちこち探検しまくっていました。近くには、白ネコちゃんが、大人しく隠れていましたが、おじさんに任せ、帰ることにしました。

a0320564_20495937.jpg

1009280040 posted by (C)sumomojam

また、様子を観に行く予定です。

a0320564_20495990.jpg

1009280037 posted by (C)sumomojam

a0320564_20495941.jpg

1009280038 posted by (C)sumomojam
[PR]

by sumomojam39 | 2010-09-29 02:32 | ネコ写真

ネコに対する姿勢

一昨日の26日、新たな棄てネコが現れました。
大体この時期、親離れした頃の飼いネコが捨てられるケースが多いそうです。
ネコは多産なので、避妊をしていないと、一気に沢山子供ができて、親が世話をしているうちは良くても、餌を食べるようになると飼いきれず棄ててしまうことが、原因なのだそうです。
棄てられたネコは、とっても人懐こく人に寄って来るのですが、しかし、自分で餌が見つけられず、犬にも子供にも追いかけられ、ネコに威嚇され、その内にそれらが全てトラウマになり、性格が歪んでしまいます。
幸い餌がもらえたり、群れに入れれば、その場所で生きていくことができますが、寒暖の差が激しく、寝る場所が確保できないと、病気やけがの原因になり、短命になります。
これらをちゃんと理解して、ネコを飼わないと、不幸な野良が増えてしまいます。
野良は、多少怖がりでも、本当はみな優しい子たちです。その証拠に、信頼関係を築くとネコは爪をたてませんし、噛みつきもしません。声をかけると飛んできます。他の誰が声をかけても、自分の方へ選んで来てくれた時は感動します。撫でてあげると、こちらに何か話してきたりします。何となく、言っている意味を理解できると、感じることもあります。
何が一番楽しいかと言えば、実はネコが何を考え、何をしようとしているかを観ているのが、楽しいと思います。
ちなみに、私は餌を持ち歩きません。餌付けをしようとは思いません。信頼を築くためには、餌付けは最短なのですが、それ以外の方法の方が精神的な結びつきになると思うのと、継続できないことはしちゃいけないと考えているので、敢えて餌を持ち歩かないことにしています。
また、ネコが嫌がらない限り、ネコを可愛がっている人の邪魔をしないことも守っています。ネコ好きのお知り合いが増えたのも、ネコちゃんたちのお蔭だと思います。

a0320564_20495878.jpg

1009260051 posted by (C)sumomojam

a0320564_20495835.jpg

1009260050 posted by (C)sumomojam
[PR]

by sumomojam39 | 2010-09-28 00:38 | ネコ写真

新入り日誌 母と子 20

a0320564_20495898.jpg
9月26日に、茶とらと観ていない白ネコが、いつも公園で逢っていた方に前日拾われたという話を訊きました。あとの3匹は、未だ消息不明です。また、情報があり次第、報告します。
[PR]

by sumomojam39 | 2010-09-27 22:56 | ネコ写真

新入り日誌 母と子 19

a0320564_20495602.jpg
ニャー!ニャー!と鳴きながら上を見上げているネコ。子ネコたちは、何処かに行ってしまったのでしょうか。切ないシーンです。
[PR]

by sumomojam39 | 2010-09-27 22:50 | ネコ写真

新入り日誌 母と子 18

a0320564_20495569.jpg
これは、9月25日に撮影した写真。母親ネコです。側溝の直ぐ下の小川にいました。子ネコを呼ぶように鳴きながら辺りを見回していました。
[PR]

by sumomojam39 | 2010-09-27 22:46 | ネコ写真

新入り日誌 母と子 17

a0320564_20495352.jpg
一抜けしたこの子。しかし、この子がいなくなった直後、母さんネコは帰ってきまして、残っていた子ネコを同伴し、いつも写真を撮っていた場所に移動して行きました。
[PR]

by sumomojam39 | 2010-09-27 22:43 | ネコ写真

新入り日誌 母と子 16

a0320564_20495162.jpg
ついに緊張感を保っていた子ネコちゃんが、行動し始めました。後ろに居た2匹は、あの子は何処に行ったんだろうというような顔しています。
[PR]

by sumomojam39 | 2010-09-27 22:39 | ネコ写真

新入り日誌 母と子 15

a0320564_20495054.jpg
徐々に眠くなってきたかな。細目になってきました。手前の子だけが緊張を持続しています。後ろの2匹は、くっついていて暖かく、眠たくなっちゃったかな。
[PR]

by sumomojam39 | 2010-09-27 22:36 | ネコ写真

新入り日誌 母と子 14

a0320564_20494824.jpg
母さんネコの向かった方向を観ていた子ネコちゃんたち、位置は動かず、視線だけを徐々にチラチラ動かすようになってきました。
[PR]

by sumomojam39 | 2010-09-27 22:32 | ネコ写真

新入り日誌 母と子 13

a0320564_20494638.jpg
もうすっかり私がいても落ち着いています。寒さ対策で、3匹が寄り添っているのが大変微笑ましいです。お母さん、待っているんですね。
[PR]

by sumomojam39 | 2010-09-27 22:28 | ネコ写真