カテゴリ:旅じゃないけど自転車話( 19 )

夜間走行対策

お早うございます。
先日、江戸川自転車道や松伏町、越谷市、吉川市などを走ってきたことなどを記事にしましたが、日暮れがだいぶ早まりました。今日、10月21日の日の入り時間は、午後4時58分と、すでに4時台に突入しました。それから20分くらいしますと、辺りは暗くなり、前照灯を含め光源が必要になります。
自転車の場合、基本的に車道の左端を走行します。この場合、背後から近づいてくる車にこちらを認知してもらう必要があります。そこで反射板の他、後ろにも点滅点灯するライトをつけていますが、それでも不安になることがしばしばあります。

前回記事にした通り、私のBianchi CIELOには、前照灯としてCAT EYEのHL-EL520を付けていました。仕様は、下記の通り。

サイズ: 101.0 x 44.0 x 46.0mm
重量: 168g (本体・乾電池のみ)
光源: 超高輝度ホワイトLED 1個
使用電池: 単3形乾電池 4本 (アルカリ乾電池専用)
使用時間:
点灯: 約60時間 点滅: 約120時間

■超高輝度LEDを使用し約1,800カンデラの明るさを実現、夜間の山道でも通用するハイパワーモデル
■点滅・点灯モード搭載
■オーバーサイズハンドルバーにも対応し取付けが簡単なH-34N 「FlexTight™」(フレックスタイト)ブラケット

と紹介されています。

実際、点灯時間60時間とあっても、本当に明るいのは数日であとは真っ暗な場所で走行するのには、一寸暗いなと感じることがしばしばです。
点滅の場合、それこそ車が走行している処ならまだしも、土手の上とか照明のない処では怖くって走れません。

さらに停めていて自転車が倒れてしまったことなどから、ネジが少し緩くなり、たまに油断していると点けていたはずのライトが消えていたりしてました。

そんなことから交換を検討していたのです。

色々考えてネットで調べていたのですが、実際の使用感などはやはり解りません。そこで行きつけの自転車屋さんに出向き、相談してみました。
より明るいものを使いたいこと、車から認知してもらうグッズの紹介をお願いしました。

前照灯の方は、自転車屋さんに置いてあるものの中で最も明るいものを選択することにしました。FFC 3ワット LED LIGHT BLACKです。
3ワットの表示だったので、比較が出来なくって訊いたのです。
すると、このタイプが明るいですよという回答だったので、それを選択しました。

重量: 194g (本体・電池4本込み)
使用電池: 単3形乾電池 4本
使用時間:
点灯: 約6時間[3W],約24時間[1W] 点滅: 約24時間[3W]
Color: Black

■FFC 3ワット LED LIGHTは、低価格で高品質のライトです。発光モードは3種類です。
■この明るいライトで、どんな暗闇でも安全に走行する事が可能になります。
生活防水ですので、雨天でも使用出来ます。

値段は、3,980円で購入できました。

比較すると、表記上の時間はかなり短くなったように見えてしまいますが、実際の使用感は、1800カンデラの光よりも段違いに明るく、走行に心配が無くなりましたので、安心を購入できたと思います。
電池はエネループが使えるので、特に気にせずに使えると思います。

そして周りから認知してもらうグッズの方は、現在付けているTL-LD130-Rからファイバーフレアライト ショートを右側のシートステーに装備することにしました。
横からも後ろからも認知性が高いと言うことだったので、理想通りだと思います。

こんなライトは見たことがありません。カラフルで長くて、光ったり点滅したり。どこからでも目立ちます。
ラバーストラップ付属で車体の色んなところに取り付けできます。
本体フックを使用すれば、ウェアやバッグにも取り付け可能です。
360度全方向/約300m先からでも視認可能な広い照射面積
点灯/点滅の2モード
点灯:15時間、点滅:55時間(ブルー、グリーン)
点灯:25時間、点滅:75時間(イエロー、レッド)
装着用ラバーストラップ付属
取付可能径:15~50mm
全長:250mm
発光部長さ:100mm
単4型乾電池×2個付属
重量:65g(電池除く)

他の商品も検討しましたが、認知性が高いバルブライトは盗難の心配や衝撃で点灯してしまうなど、加えて一寸恥ずかしいところも考え、今回は見合わせました。

なお、BGMはiLuv iLuv iSP110GRN キャリングケースステレオスピーカー グリーン iSP110GRNを購入しました。使用する電池はもちろんエネループです。
[PR]

by sumomojam39 | 2012-10-21 08:00 | 旅じゃないけど自転車話

長時間ポタの為に

秋はポタリストにとって最高の季節です。
冬→春の場合、花粉症も気になるところですが、夏→秋、秋→冬の場合、それはありません。問題は、寒さ対策だけになります。
日が落ちると途端に冷え込んでくるのがこの季節。
まあ、ウィンドブレーカーを一着持参すれば、それも解決します。

私の場合、Bianchi CIELOに乗るのに、BGMは欠かせません。
そのために、これまで、ポータブルアクティブスピーカーAT-SPS5 GM/SV、PLANEX 自転車用ポータブルオーディオプレイヤー(MP3/WMA) 黒 PL-BPAP-B、ソーラーステレオスピーカーSolar Stereo Speaker with Chargerと使ってきました。

ポータブルアクティブスピーカーAT-SPS5 GM/SV
…800mW+800mWのパワフルサウンドでパワーは最高。ただし、稼働時間に難あり。それと重さとサイズ。これ用に鞄が必要です。電源は単4形アルカリ乾電池×4本使用。これ用にエネループも使いましたが、電力消費が早過ぎてこれを携帯するのは困難と判断しました。と言うか、実際はその判断以前に突然壊れました。

https://www.audio-technica.co.jp/products/dj-plus/speaker/at-sps5.html

PLANEX 自転車用ポータブルオーディオプレイヤー(MP3/WMA) 黒 PL-BPAP-B
…大きさは申し分ありません。稼働時間も10時間以上あるので、全く心配ありません。充電式なのでランニングコスト面でも合格点です。音質もワンスピーカーなのに結構イケています。欠点は音量です。国道沿いを走行時には音量は皆無です。対策は静かな道を走ること。それとシャッフル機能とリスタート時の曲頭出しです。シャッフル機能は、i Podのそれと異なり、ワンパターンです。リスタート時は、直前に聴いていた楽曲の頭からのスタートになります。
この三つの欠点のうち、音量とシャッフル機能に目をつぶれば、悪い製品ではありません。

http://www.amazon.co.jp/PLANEX-%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E7%94%A8%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC-MP3-WMA-PL-BPAP-B/dp/B0034G4YKE

ソーラーステレオスピーカーSolar Stereo Speaker with Charger
…通常ハンドル場合、取付はマジックにより容易です。しかも、音量も出力2W+2Wのステレオスピーカー、これ中々パワフルです。電源は充電に寄り、うたい文句では、ソーラーにより充電できるので、心配なしと有りますが、外を走っていても演奏中に充電している気配はありません。稼働時間は、最初は結構あるかなと思っていたら、これが約3時間と一寸。これかなり問題アリです。実際購入して3ヶ月でもう充電池に寿命が来てしまったのでしょうか。かなりサギです。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0057ET54Q/ref=oh_details_o06_s00_i00

こうして使って来ると、選択ポイントが確認できてきます。

パワーはあるに越したことはない。
出来れば充電式が良いが、充電時間による。
またイザと言うときは電池式が良い。
出来れば電池式の場合、エネループが使え、稼働時間が10時間近くが理想である。
盗難の心配があるので、取付取外しできるものが良い。

なお自分の場合、ハンドルに前照灯、ナビ、ベルなどがついているので、あまりスペースがないのでマジックテープでの着脱はイケてる方だと思う。

これらを総合し、現時点で販売されているものを検討することにした。

サンワダイレクト ポータブルスピーカー iPhone スマートフォン ノートパソコン バッテリー内蔵タイプ 400-SP015

■サイズ:W193×D40×H53mm ■重量:約130g ■実用最大出力:5W ■周波数特性:120Hz~20kHz ■バッテリー容量:3.7V/700mAh ■充電時間:パソコン等(USBポート経由)/約5時間、USB-ACアダプタ(コンセント経由)/約4時間 ■連続再生時間:8時間■付属品:充電用USBケーブル×1、ステレオケーブル×1

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%AF%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%88-%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC-%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3-%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%E5%86%85%E8%94%B5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97-400-SP015/dp/B0051F9C12/ref=sr_1_240?ie=UTF8&qid=1350473918&sr=8-240

NESTA BRAND(ネスタブランド) ポータブルマルチメディアスピーカー NNZ-25-02

■サイズ:W200×D90×H90(mm)■重量:230g■最大出力:3W(1.5W×2)
■電源:単三型乾電池2本■連続再生時間:10~15時間(アルカリ電池使用時)
■仕様:スピーカーユニット:Φ40mm×インピーダンス:4Ω、コード長:約30cm、プラグ型式:L型3.5mmステレオミニプラグ

http://www.amazon.co.jp/NESTA-BRAND-BRAND%EF%BC%88%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%EF%BC%89-%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC-NNZ-25-02/dp/B003TKBI9K/ref=pd_sim_sbs_e_8

iLuv iLuv iSP110GRN キャリングケースステレオスピーカー グリーン iSP110GRN

■サイズ:約100×165×43(mm)■重量:約180g■再生時間 : 約14時間(最大ボリューム時)■スピーカー出力:2W(1スピーカーにつき)
■仕様 : クリップ付き、ファスナー開閉式、3.5mm ステレオミニプラグ(I字型)、単3形乾電池2個使用(乾電池は付属しておりません。)

http://www.amazon.co.jp/iLuv-iSP110GRN-%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC-%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3/dp/B002ZS5I5W/ref=pd_sim_sbs_k_2

さて、これから検討です。
あと、前照灯も検討しています。
これは持ち時間と明るさ、充電方式などが検討材料になりますが、ポータブルスピーカーほど、巧く説明が出来ないと思うので、記事は差し控えます。
[PR]

by sumomojam39 | 2012-10-18 00:28 | 旅じゃないけど自転車話

バーエンドバーに変更とか

バーエンドバー変更、早速、行きつけの自転車屋さんに相談に行きました。
ハンドルグリップは、現在ついていたものからカットできるタイプに変更し、ハンドルのグリップエンドにロングバーをつける変更です。

MTBグリップVLG207−D2(BK)(780円)+CBAロングバーエンド(BK)(1,380円)+工賃(630円)=合計:2,790円

a0320564_21075643.jpg

RIMG120420_001 posted by (C)sumomojam

a0320564_21075610.jpg

RIMG120420_002 posted by (C)sumomojam

a0320564_21075601.jpg

RIMG120420_003 posted by (C)sumomojam

グラファイトカラーのBianchi CIELO、グリップ交換は購入して二度目になりました。乗り心地は、悪くありません。手首、親指の付け根への負担は軽減できそうです。値段も予想よりかなり安価になりました。

私の行きつけの店舗にはバーエンド一体型のグリップは、販売されておらず、バーエンドも大きく三種類でした。
○短いタイプ
○今回選択した長いタイプ
○グリップエンドにコルク抜きの様にはめ込むタイプ

さて、写真をよくご覧になっていただければ解ると思いますが、グリップを差し込む分、ブレーキがハンドルにかかっている位置もやや内側にずらされています。私はこの形状が水牛系で結構気に入っています。

この後の近隣の行事としては、下記の通り。

4月21日土曜日「ジャズデイかすかべ」
  中央町第4公園…正午~午後3時
  ふれあいキューブ…午後1時~午後7時
  ララガーデン春日部…正午~午後2時
  ロビンソン春日部…正午~午後2時
※入場料無料

4月29日日曜日「第31回藤まつり」
春日部西口ふじ通り…午前10時半~午後4時
※雨天の場合、30日に順延されます。

4月29日日曜日「第19回ブロンズ通りフェスティバル」
春日部東口ブロンズ通り…午前10時~午後3時
※雨天の場合、30日に順延されます。

5月3日、5月5日「大凧あげ祭り」
江戸川河川敷(西宝殊花多目的広場)…凧あげは午後からです。
  小凧「笑顔」「希望」…午後1時頃~
  大凧「日本」「元気」…午後2時頃~
※両日とも雨天の場合は、5月6日に順延だそうです。

5月4日「第24回春日部大凧マラソン大会」
上記の大凧あげ祭り同様、旧庄和町の名物行事です。
車両通行止めが午前9時~午後1時まであります。

これらの行事「広報かすかべ」の4月号に掲載されておりました。
今年もこれらの春祭り、天気が良くなったら行って来ます。
[PR]

by sumomojam39 | 2012-04-20 22:58 | 旅じゃないけど自転車話

手首が痛い

4月に入って新番組が始まり、そのチェックや、それまで見ていた番組の曜日や時間移動が有ったりして、中々落ち着きません。
DVD−Rを購入し、HDDの整理をしたり、録画番組の中身チェック、そしてレーベル作成をして、見る番組の取捨をしています。

先週までポタリングしてましたが、今週はその弊害で手首と親指の付け根部分に激痛を覚えております。どのように痛いか具体的に内容を書きますと、箸を持つ手が痛かったり、横になっている態勢から、体を起こそうと後ろ手をつけないほど痛いとか、そんな日常に弊害をもたらしております。

原因は、ハンドルの形状とグリップに有ります。
クロスバイクやMTBの場合、ハンドルは横に広く、長時間そこに手を添えているというより、上半身を安定させようと保っているので、必然的にグリップを握る手に力が入ったままになります。
すると、握力は当然落ちてくるわけで、それを毎日やっていると腱鞘炎のような感じになります。
必要以上に負荷がかかってしまうと、箸を握ってご飯を食べるという些細な動作にも痛みを生じてしまうのです。

実は、これは今に始まったことではないのですが、対策を検討しておりました。
ネットで検索してみると、やはり同様の苦痛を味わっている方はかなりおられるようで、その方々の意見を参考にすると、バーエンドバーと言う方法がある様なのです。ハンドル、具体的にはグリップ部分の外側、或いは内側に縦に降りるバーをつけるという方法です。これにより、握りを横から縦にすることで、手首と親指の付け根への負荷を小さくしようとするのです。

料金はピンキリですが、3000円~8000円の範囲で済みそうです。
まだ店に行っていないのですが、店員の人に相談して私のクロスバイク、Bianchi CIELOに合うものを選択したいと思います。

それにしても、ネット検索していると購買意欲がそそられてしまう。
自制心、大切です。
そのためにも今の愛車の走り心地を向上させなければ。
[PR]

by sumomojam39 | 2012-04-20 04:53 | 旅じゃないけど自転車話

一カ月

a0320564_20291542.jpg
Bianchi CIELOを購入してちょうど一カ月が経過しました。最近は、最低でも1日10㎞以上をノルマとし、連日乗り続けています。走行距離は、すでに370㎞を超えました。約1週間前に転倒もしたけれど、前の経験やクロスバイクの操作性から、今、一番充実しています。流石に、常に時速20km以上を維持するのは難しいけれど、ケイデンスが一分間に80以上で一時間以上乗り続けることで、本来の運動目的は果たすことができています。また、最近は、ほとんど購入時以来放置していたBODYBLADEやDYNA-FLEX pro、そしてINNER EMSのトレーニングマシンSHAPE BEAT-Xを使い始め、運動に目覚めています。
DEFY3での事故以来、握力や手首の力が弱いと感じているので、DYNA-FLEX proは、意外に活用できます。遠心力で手首を鍛える道具です。
ちなみに前のDEFY3では、約三カ月で606㎞を走破しています。平均時速は、15.2㎞でした。
[PR]

by sumomojam39 | 2009-08-30 00:31 | 旅じゃないけど自転車話

Bianchi CIELO

a0320564_20265031.jpg
Bianchi CIELO、私の愛車、初登場です。
昨夜、NHKで茂山宗彦さん(ちりとてちん出演)と黄川田将也さん(風のハルカ出演)とで、プラハを目指して491㎞を一週間で、ロードバイク旅をしていたの見ましたか。
行く先々で、チェコの人々は優しく彼らを迎えてくださいました。
感動的でした。ロードバイクの素晴らしさを垣間見ることができる作品だと思います。
私の方は、クロスバイクで、国内、それも近隣を走って楽しんでいます。
これはこれで、気持ちいいですよ。
今日は、帰りに自転車屋さんに寄って、750ml入る保冷ボトルを買いました。
これも、旅の経費節約のため。最近はウエストバッグなので、飲み物はもっぱらボトルケージに。
冷蔵庫で冷やしたパウダーを解いて作ったスポーツウォーターを持ち歩き、水分補給します。
水分補給の原始スタイルですが、これが今のブームです。
また、BGMを聴くためのスピーカーを新調しました。
"audio-technica ポータブルアクティブスピーカー AT-SPS5 GM"です。
重さ、大きさ共に前のものより重く大きいですが、迫力のある重低音で音質は満足できますし、電池寿命も申し分ない10時間以上で、ipodの寿命に負けてません。
しかも、電池はeneloop単4を4本です。
[PR]

by sumomojam39 | 2009-08-13 01:12 | 旅じゃないけど自転車話

CAMELBAG

CAMELBAGって何だか知ってますか。
これリュックサックのように背中に背負うのですが、そこにはポリウレタン製の袋が入っていて、そこにスポーツウォーターを入れて持ち運びます。ポリウレタン製のオメガリザーバーと言われる袋からはストローが伸びていて、口に含む部分を歯で噛むと飲める仕組みになっています。

これボトルのより容量があるし、ストローの方が運転中に飲むのに運転に集中できて楽です。しかも、水分補給は喉が乾いてからでは遅く、唾液に粘りが出る前に補給するのが、疲労感を覚えないコツのようです。

しかし、夏は暑いです。
CAMELBAGに入れる水分は、予め、冷蔵庫で冷やしていますが、背中の体温で徐々に温まってしまいます。必然的に清涼感が失われます。
しかも背中が放熱できずに運転していて暑くなります。
CAMELBAG自体、大きいものでも水分が入るスペースの関係で、あまり荷物は持てません。
そこで昨日はウェストバッグに財布、鍵、携帯カメラなどをしまい、水分はペットボトルを持参しました。当然、1本では足りません。4時間以上走るのに途中で4本買いました。まあそのうち1本は栄養ドリンクでしたが。

1本をフレームのボトルケージにひっかけて、もう1本をウェストバッグに入れて持ちました。なくなった時に自販機がないこともざらですから。
でも、お買い物もサイクリングの醍醐味なんですね。
休憩にもなります。昨日も最期に立ち寄った岡泉のマクドナルドでは、食糧補給と同時に休憩したようなもんです。

昨日も実感したのですが、サイクリングは休憩をとることも必要です。
疲労したままでは、安全な運転ができなくなります。
それは集中力や回避力の関係です。
休憩の時間まで楽しみにできれば、サイクリングをもっと楽しむことができます。CAMELBAG、大変便利な道具ですが、休憩するのには、その理由が一つ減ってしまうものになってしまうかも知れませんね。
次に何を飲むかを選ぶ楽しみもね。
それでも安全に水分をとることができる便利なものです。
[PR]

by sumomojam39 | 2009-08-04 16:52 | 旅じゃないけど自転車話

乗り心地

Bianchi CIELO、乗ってきました。
もちろん、サイクルコンピューターのCATEYE V2cを、自転車屋さんにつけてもらって。
はじめて、ケイデンスというのが表示されるサイクルコンピューターです。
ケイデンスは、ペダルの回転数を言うらしく、カロリー消費をするための自転車乗りの場合、軽いギアで回転数を回すことが重要ということらしい。
初心者の場合、一分間に70回転から初めて、平均90回転を目指すことが重要と入門書に書いてありました。
取り付けには、自転車屋さんもケイデンス付きのワイヤレスが初めてということで、約一時間半、お店に預けてきました。
ロードバイクでは、前輪にセンサーが付いているのですが、今回のものは後輪に設置されました。やはり素人では難しいです。

さて、設置が済んで、試乗して墓参りに行ってきました。
乗り心地は、快適です。ただ、私にはサドルがお尻に食い込み、やはりサドルカバーが必要なようです。ちなみに愛用のサドルカバーは、Dr.AIRのヘクトパスカルです。
ギアチェンジは、前後共に容易にできます。
スピード感を味わうのは、やはりロードバイクには敵いません。
クロスバイクは、特に私の選択したCIELOは、安全性と利便性が重視の自転車です。いわゆるコンフォート系のクロスバイクですから。歩道への乗り上げもハンドル操作も容易にできますので、自転車初心者にも安心だと思います。
ただし、スピード感を求めるなら、削いでいくべきものがあることが解ります。例えばサスペンションなどですね。これがスピード系のクロスバイクです。
でも、自転車の楽しみ方重視ならば、このクロスバイクで十分な気がしました。特に走ることを安心してできるというのは、気軽に乗ることを選択できます。つまり継続しやすいということです。
ヘルメットをかぶるのには、速度不足の感もありますが、安全性を考えたら、ヘルメットはやはり必要ですね。なんせ事故経験者ですから、信憑性があるでしょ。
転倒するのは、何も追突ばかりではありません。自転車屋さんにも乗る際に忠告してくれたのですが、ブレーキの効き方が、ロードバイクのそれと比較して効きやすいそうです。それが災いしてウイリーしてしまい転倒する人もいるらしいと訊きました。

ただし、スピード感が乏しいのでヘルメットの形状を選択し直すのは、良いかも知れません。ヘルメットも含めての、ファッションですから。
これを楽しむのも自転車の醍醐味だと思います。
悪く捉える人もいるかもしれませんが、自転車の快適性は抜群ですよ。
それにファッショナブル性と安全性が加わるのだから、これで十分です。
健康管理のための乗り物ということで始めたんですから。
これでだって、一日50キロ走破、ゆくゆくは100キロ走破だってできるはずです。骨折のあとはまだあざとなって残っていますが、もう乗るのに支障はありません。

ともかく、また自転車ライフが楽しめることを喜びに感じます。
ようこそ、Bianchi CIELO。これからも宜しくBianchi CIELO。
[PR]

by sumomojam39 | 2009-07-31 16:06 | 旅じゃないけど自転車話

納品

Bianchi CIELO 16インチ グラファイトが、最寄り店へ納品になり、昼前に連絡を受けました。
まだ、天気は良かったのですが、夕立が起きそうだったので、ランチを食べて受け取りに歩いてサイクルベースあさひに行くことにしたのが、13時半頃。
店先のところで、ポツリと雨が落ちてきたところでした。
「こんにちは」、入っていくと、店長と連絡をくれた店員が迎えてくれました。
私のBianchi CIELOを奥から出してくると、すでにDEFY3から外された前照灯などが設置済みでした。

クロスバイクを買ったんだなという実感が溢れてきます。
同時にDEFY3とお別れです。
まるで、献体のように、店員さんが部品とか分解させていただいてもよろしいですかと伺いを立てられました。
私は、ご迷惑かも知れませんが、処理をお願い致しますと申し上げました。

さて、初めて乗った感想を書きたいところですが、外に出ると雨が降り出していました。
店員さんに「もう少しお店で雨宿りされますか」と言っていただきましたが、今、帰らないと本降りになり、滞在時間が長くなりそうと思ったので「近くですから、このまま行きます。いろいろ有難うございました」とお礼を述べて、走り出しました。
短時間ですが、乗った感想は、まずハンドルグリップが大変柔らかいもので覆われていますので、サイクルグローブはいらないなと実感しました。
そして、やはり乗りなれたフォームなので、安心して運転ができます。
本当に短時間だったため、ギアチェンジもできませんでしたが、それを試そうと待っていても、雨は降り止みませんでした。

明日、サイクルコンピューターのCATEYE V2cをつけにまた自転車屋さんに行く予定ですが、乗るのが楽しみです。

今夜は、メールチェックをしていると、SH-05Aのソフト更新のニュースが出ていました。携帯を開くと見慣れない画面表示。
画面中央の表示された場所にクリックを待っているマークが出ています。
すぐ更新するか、定時にするかの選択画面が表示され、所要時間の表示もありました。今すぐ更新を選択しました。
約13分、予定通り更新が済みました。
ソフト更新を待っていたのですが、それは5月下旬の地図アプリの関係のJAVAスクリプトに関するものでした。
それが思わぬ不具合でした。
でも、初めてのソフト更新、なんとなく持っているものが最新のバージョンになるというのは嬉しいもんです。
今回の不具合は、①iモード起動時に「ワークメモリ不足です」と表示される場合がある ②使用状況によってバッテリーの持ちが悪くなる場合があるというものでした。
もしかしたらそんな傾向があったのかなって今となっては思い当たる節が無きにしも非ず。解りません。

Bianchi CIELOに乗るのにも、早く夏になるように望むところです。
今夜は、大宮の大和田というところで花火大会もありました。
場所取りをするのにも、午後二時前後からのゲリラ豪雨で、無理だったでしょうね。5000発規模の花火大会がこれから、土曜日を中心に開催されます。
もう越谷も終わってしまいましたが、どこか近くをBianchi CIELO で行きたいですね。
[PR]

by sumomojam39 | 2009-07-30 21:46 | 旅じゃないけど自転車話

注文

自転車屋さんに行ってきました。
行きつけの自転車屋さんは、サイクルベースあさひです。
店に行くと店長がいました。ラッキーです。
店長の登板日を知らないので、月曜に出ていたから、水曜の今日かもって勘で、今日行きました。
店長に先日、検討したいのでと保留していましたから。
例の二択の話です。
ロードバイクを直して乗るか、この際クロスバイクにするか。
そして、クロスバイクにしようと選択した私は、車種の選定に入ったわけです。

GIANTは、ギアチェンジのグリップの硬さから見合わせ、他社にすることにしました。
ESCAPE3の2010年型は、かなり魅力的でした。
特に新色のパープルは、ボルドーというイメージです。
お洒落だと思いました。
しかし、やはり常に使用するギアは、大きな問題点です。

そして、次にフロントフォークにサスペンションの話。
これ、実際どんなものなのか、一緒に訊いておこうと思っておりました。
外で蝉が鳴いています。アブラゼミです。夏ですね。
中学生が夏休みのプールから帰ってきています。
羨ましいです。友達と二人で大きな水筒の中身をお互いに飲みあっている様子は微笑ましいものがあります。
我が家の前の道は、通学路なので、結構学生が通ります。

おっと話を戻しましょう。
さらに先程のブログに書いた車種の在庫があるか。
そして、大事なサイズの問題です。

店長は大変面倒見がよく、相談し甲斐があります。
私の話を親身に訊いて、的確なアドバイスをしてくれます。
クロスバイクへの買い替えについては、店長もその方が無難であるとおっしゃっていましたので、あとは車種の話でした。
まず、自店での在庫の説明からしてくださいました。
私が、サスペンションの話をしますと、用途を訊いた上で、了解してくれました。
用途とは、ロードバイクに乗っていて、停車が多く、車道では幅寄せがあり、頻繁に歩道に乗り上げる必要があること。
そして、自転車ならではの道を行くとバンピーな場所も多く、その際に、乗り心地を重視したいこと。
また、GIANTのギアはやはり重く感じ敬遠しようと思っていることを伝えました。
店長は、その選択ならば、6万円までで収まるでしょうと教えてくれました。
ほぼ修理代と同額レベルということです。

そして、候補リストを印刷して持っていきまして、店長に渡しました。
店長は、具体的なリストを手にそれぞれの選択に同意してくれました。
私のみたての寸法は、間違いなかったようです。
また、色のセンスも認めていただけました。
その中で知りたかったアドバイスを訊かせていただけました。

ここでリストを再度載せておきましょう。

◎GT トランセオ4.0 XS メタリックサンド→在庫あり
◎LOUIS GARNEAU LGS-TRX 2 420 LG WHITE/DARK GREEN→どちらの色も在庫あり
◎Bianchi CIELO 16インチ グラファイト、ホワイト→グラファイトは在庫あり
◎MERIDA CROAD10V 420mm レッド/シルバー、ブラック/シルバー→※

この中で、上記の3車種はそれなりに評価してくださいました。
特にお薦めは、Bianchi CIELO。
※印のMERIDAは、いわゆるOEM会社なので、あまりお勧めしませんと言われました。
実は候補の一番下になっているのも、最初はMERIDA以外だけだったので、わが意を得たりでした。

ルイガノは、やはり高めで、GTも3ブランドでやっており、サイクルベースあさひが、取扱店でもあるBianchiがお薦めということなのでしょう。
自転車屋さんの目線で言うパーツ構成が、お薦めの理由なようです。
サドルのサスペンションはいらないかということも訊いてみました。
不要ですとあっさり言ってもらいました。
私のリストの車種もサドルサスペンションはなしでした。

そして、耐久性、特にフロントサスペンションのメンテナンスを訊きました。
基本的に、このクラスのサスペンションは、メンテナンスができないそうです。
油圧でもないので、大体自転車の寿命の5、6年くらいと考えてくださいと教えていただきました。

店長は、すぐリストの在庫状況を調べてくれました。
そして、お薦めの、Bianchi CIELO 16インチ グラファイトに決めてきました。
予約注文をしてきましたので、1週間以内に納品の連絡をいただけます。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/ad-cycle/enlargedimage.html?code=bi142gr&img=//a248.e.akamai.net/f/248/37952/1h/image.shopping.yahoo.co.jp/i/l/ad-cycle_bi142gr#

次に、DEFY3からの補助部品の取り付けの話をしました。
基本的に全て引き継げるものは引継ぎします。
ただし、速度メーターがなくなっていたので、これに変わるものを取り付けようと思いました。
ケイデンス付きの無線のものを選ぶ予定です。
やはり、健康管理用という目的がありますので。
そして別買いだと、腕時計を二つしなくちゃいけないし。

今日は29日、自転車の在庫はお隣の岩槻店にあるようですので、今週中にも入手できそうです。
7月中か、8月に入ってからになるか、楽しみです。
DEFY3は残念なことになりましたが、命あっての物種。
これからは、CIELOで走りを楽しもうと思います。
[PR]

by sumomojam39 | 2009-07-29 15:44 | 旅じゃないけど自転車話