マンネリ防止

前回報告した通りの食生活で一か月超過し、さらに先生からの新たなアドバイスを受けて、新たなメニューを検討する。
一番大きな変更は昼食である。
先生にたこ焼き(小麦)と蕎麦は同じ主食がダブっているので、どちらか一方にとアドバイスされました。
ここで困るのは、偏食が多く、しかも、バリエーションで誤魔化していたという事実である。
たこ焼き6個というのは、正直、それだけじゃ絶対に足りない。
そして、蕎麦を一人前ってのも実はそれだけじゃ足りない。
なので、二つを合わせていたのである。

しかし、先生に痛いところを突かれ、実際にそれは言われる前に気づいていたことだったので、私は考えた。
食費は実はダイエット前と現在とで、実のところ現在の方が高くついている。
私は最近見直しを考えたのはそこにも理由がある。
充足感を満たしつつ、先生に認めていただける食生活をどうしたらとれるのか。

しかし、以前、先生にアドバイスいただいていた食卓便とかの類を夕飯に取り入れたところで、おそらく私には満足感は得られないだろうと考えているし、何より、偏食で食べられるものが限られるという問題があるから、却って高くつくと思っているのだ。

実は前回先生の栄養相談を受けた際に、この食卓便を開始していないことについて、一切触れられていなかったので、私はしめた!とさえ思っていた。

たしかに毎日、サラダボウル一杯の用意をしたりするのは手間と言えば手間ではあるが、それなりに要領を得た。

前々回の先生からのアドバイスでは、私の場合、野菜の絶対量が足りないと言われ、それは毎日のサラダでたぶんずっとマシにはなったはずである。

今回の見直しは、大きく二つ。

一つは昼食は蕎麦かたこ焼きの一方だけにして、それでお腹が満たされないことへの対策をすること。

二つ目は野菜の摂取方法にもう一つバリエーションを加えることである。

あとプラスアルファ―として食費を少し下げること。

先ず食費を下げるプランとして毎夕食に食べているサラダボウルの中でベビーリーフを一袋としていたが、それを一つかみとしてしまう。
それは冷蔵庫の容量を考えると袋買いは無駄なのである。
袋ってのは場所を取る。
だったら、販売先によってベビーリーフはプラスティックの容器に3人前以上入って売っているので、それを利用した方が安上がりだし、場所も取らないのである。
そうするともやしの寿命を考えて、週に2回の買い物で済む。

そしてもう一つのマンネリ打破作戦は野菜スープを飲み始めるという方法です。
以前、栄養相談の先生に「野菜を摂るように」とアドバイスしていただいた際に、いただいたシートがありました。
「野菜料理のいろいろ」というものです。
◎サラダの種類別 合う野菜と合うドレッシング
◎スープの種類別 合う野菜
◎煮物に合う野菜
◎酢の物に合う野菜
◎和え物

この中でサラダは既に実行しているので、次にと考えたのがスープだったのです。
スープをスーパーで眺めてみました。
ほうれん草のスープを手に取ってみました。
中華系のスープです。
次に検討しようと思ったのが、ミネストローネスープでした。
玉ねぎ、人参、トマト、ベーコン、ソーセージなどを入れてトマトベース系のスープで煮るものです。
スープストックみたいなものが売っていたので、それに玉ねぎを刻んだり、ミックスベジタブルを入れたりして煮込もうと思いました。

一回目は在庫であったベーコンも入れてみました。
途中からチーズも入れてみたところ、中々イケると思いました。
しかし、もう少し美味しくしたいと思い、思考しました。

2回目にはアレンジしました。
先ず、バターを一つ入れてみました。
そしてウインナーも入れてみました。
トマトを4等分に切ってそのうちの2個を入れてみました。
以前ピザとかハンバーグの際に利用していたチーズの在庫も投入しました。
1回目よりも具が豊富ですし、煮込んでいます。
流石にこれは美味かったです。

このスープを毎食1杯飲んでみることにしました。
主食を以前よりもセーブして尚且つ野菜の摂取量を増やすことでどんな結果が出ることでしょう。
楽しみが増えました。


[PR]

by sumomojam39 | 2017-07-21 00:34 | 病関連