医師のお考えと患者の思う事

病気になったとき、どうその症状を伝えるのかは意外に難しいものです。
先日来原因不明の体の痛みを覚え、その原因と治療について相談するために何度か通院してきました。
乾癬性関節炎科の先生から、検査結果の説明を受けた際に、諦めようとしました。
それは加齢によるものや体重が原因による関節痛なのかとも思われたからです。
しかし、不思議なのは突然症状が現れたことでした。
先生には私の症状の説明が巧く伝わらない所為かも知れないのでこれ以上は無理ですねとお話ししました。

すると、先生から神経内科の通院をしてみないかと言われました。
躊躇する私に乾癬性関節炎の科の先生は一度相談することをお勧めしますと説得されました。

丁度その頃、乾癬皮膚科の先生に生物学的製剤の治療を推奨され、そのための検査を受けることになりました。

同じ病院内で二つの科に通院している理由は「感染性関節炎」ではないと言われた時点で別のものになったと私は考えておりました。
そのため、神経内科の検査は基本的に痛みの原因分析のためのものと考えていたのです。

しかし、そうした私の考えと医師のお考えには乖離があったようです。

頸椎や頭部のMRI検査がいつの間にか、生物学的製剤の使用確認のためのものになっていたのです。

7月12日のMRI検査以降、1か月生物学的製剤の使用を待ったのは、予約の取り難い神経内科の所為です。
それでも私はその診断によって原因不明の痛みから救われるのではないかと一縷の望みを抱いてました。

7月22日の乾癬皮膚科の通院時に12日のMRI検査の結果、生物学的製剤の使用ができると教えていただきました。
そこでショックだったのは、脳梗塞になっていたようですが、お気づきでしたかという衝撃的な事実でした。

ただ言われてみると、自分には心当たりのことがありました。
一つは意志力です。
ある時から自分の行動の持続力が衰えていると自覚してました。
やらなきゃいけないと思っていることに中々着手できない。
やらなきゃと思う事が持続できないのです。
それは記憶に関しても影響しました。

もう一つは肉体的なことです。
税理士試験への再挑戦を考えなかったことはありません。
しかし、ある時点で断念しました。
握力も衰え、字を書くことが苦手になりました。
手への障害はキーボードのタッチにも影響を与えてます。

それらは全て自分の老化の所為だと考えていました。
しかし、突然発症してきたという不思議な現象を疑ってもいました。

脳梗塞って訊くと呂律が不自由になるとか不随になるとか、すごく怖いものだと思っていました。
まさか自分の身にとも思っていたのです。
けれど血圧は高く、なっていても不思議ではなかったのです。

さて、話を戻します。
8月8日に神経内科の通院があり、自分のMRI検査の写真を見ながら説明を受けました。
たしかに脳梗塞のあとが二か所白く出ていました。
いつ頃発症していたのかは不明だという事でした。
先生に血圧が高いと言われた時期は?と問われ、おそらく10年ほど前にはと答えますと、それ以降にと言う事でした。

気づかぬうちに病になっていて、気づかぬまま過ごし続けていた。
思い当たったのは一つだけ。
もう10年位前になるのか定かではない記憶なのだけど、ある朝の通勤時に物凄く具合が悪くなって途中で引き返したことがありました。
その時はつり革をつかむ手が本当に必死で、脂汗が信じられないくらい出たことだけ覚えてました。
そこからどう帰ったのかとかは一切覚えてません。
でも発症したとすればその時じゃないかとだけは確信があります。
怖いことですが、その時に亡くなっていても不思議ではないとさえ思えるのです。

今から振り返ると、その時に亡くならずに済んだのは当時寝たきり生活を送っていた母にショックを与えず良かったのかも知れません。

さて、神経内科の先生に一つ尋ねました。
私の今悩んでいる痛みの原因は突き止められませんかと。
先生の答えは「先ず、生物学的製剤の使用をしてみることです。その結果、改善される症状を経たのち、ペインクリニックに相談することです。」と。

先生の言われることはもっともですが、自分がこの科の診療を受けた時の意思とは無関係だったんだなと感じました。
しかし、確かに今は乾癬治療が最重要課題です。
QOLを考えれば、先ず治療すべきことは乾癬なのです。
お金はかかりますが。

そして、昨日、8月12日、その治療に行きました。
生物学的製剤ヒュミラ治療の始まりです。
事前に血液検査をします。
そして漸く診療室に呼ばれると、別の先生に説明していただけるという事でした。

一度退出して再度別室に呼ばれました。
机の上に並べられたヒュミラの一式、保冷材の入った袋を含め、注射セット一式を一つ一つ説明を受けながら受け取りました。
注射を打つまでの流れを説明していただき、実践演習もしました。
それをまた一人で復習させたのち、初めての本番になります。
道具を並べ、カートリッジにセットをし、患部に消毒をすると、注射器の空気を抜き、患部を抑え針を刺し注射します。
その後、カートリッジから注射器を外し、専用の針入れに捨て、患部を再度消毒します。
多少、チクッとした痛みはありますが、我慢できないほどではありません。
今回は右脇腹に二本打ちました。
注射は、二の腕、腹、大腿部のうち、発疹のない場所、しかも脂肪の多い場所に打つのだそうです。

接種したのが午後2時過ぎ、それから間もなく不思議に歩行時の痛みが和らいできました。
駅の階段の上り下りも意識せずに前のようにできるようになって来たのは早くも効果が表れてきたのかも知れません。
疲労感は多少ありましたが、気にするほどのことではありません。

自室でネット検索し、ヒュミラのサイトをチェックし登録しました。
そこには次の注射の日程を登録するところがありました。
同時に何処に接種したかのデーターベースもあるようです。
あとは道具の中に「体調管理ノート」と言うものがありました。
そこに記入できる項目を記載し、シャワーも済ませ、早めに就寝しました。

起床後、変わったのはやはりカラダの痛みがかなり無くなっていることでした。
これがないだけでこんなに楽だったのかと久しぶりに感じました。
最近では徐々に手の平の痛みも感じてきていたのですが、それも今はありません。
乾癬性関節炎ではないと診断されたはずですが、関節痛がないのは助かります。

[PR]

by sumomojam39 | 2016-08-13 13:08 | 病関連